『古事記』ノート(9) 天の御柱と八尋殿 を見立てる

イザナキ、イザナミ二神が、天降り、結婚したのは、どういう場所だろうか。

其嶋天降坐而。見立天之御柱。見立八尋殿。

これが『古事記』の原文。

まず、最初に成った島、おのごろ島に、「天の御柱」と「八尋殿」があることは明確。

しかし、「天の御柱」と「八尋殿」を「見立てる」という表現が、繰り返されていて、それでは、「天の御柱」と「八尋殿」がどういう位置関係にあるのか、一切説明がない。また、「見立てる」というのは、どういう行為を意味するのだろうか。『古事記』は、綿密に読むと、謎の多い書物である。

私はこう考える。「天の御柱」と「八尋殿」は、分離したものではなく、つながったものだろう。八尋殿という建物の中心の柱が、「天の御柱」と呼ばれる、世界の中軸や世界樹の一種。

本居宣長『古事記伝』は、「見立てる」の「見」を、「其ノ事を身に受けて、己が任(ワザ)として、知リ行ふ」としている。

私は、もっと「見る」という動詞の意味を文字通り強く受け取りたい。「見立てる」は、二神の意志あるまなざしによって、「天の御柱」と「八尋殿」がたちどころに立った、生じたということを指すのではないか。塩水が固まったおのころ島にはまだ、樹木も生えていないはず。二神の手作業では、「柱」も「殿」も立てられはしない。

後世、日本文化に「見立て」という概念が生まれるが、この「見立てる」はそれとは別だろう。

二神のいわば「目力(めぢから)」が、世界の中心をたちどろに生じさせたのは、説明を欠いた飛躍とも考えられるが、それが二神の超絶した行為としてふさわしいと思う。

    まなざしで高い柱を立ててそれから

    日月はなく柱を生み出す神の目力  夏石番矢


参照
『古事記』ノート(8) おのごろ島生成
http://banyahaiku.at.webry.info/200811/article_25.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

kika
2008年12月03日 21:26
トンデモ説かもしれませんが、「立つのを見とどけた」もしくは「立っているのを見た」のではないのでしょうか。

天の御柱と八尋殿は、古代ユダヤ教の神殿入り口に必ず立っていた2本の柱、神殿はヤハウェ(八尋=やひろ)神殿。列王記でも、ソロモンのエルサレム神殿の仕様が詳細に書かれていますが、この通りであり、イザナギとイザナミは、入口の柱の間を抜けて神殿に入り、儀式を行ったのでしょう。それであれば柱、神殿の順に「見立てた」ことになっているのは理にかなっています。
kika
2008年12月03日 21:30
(続きです)
「列王記・上」に柱はいろいろと出てきますが、7章の15~22節にある、名前付きの聖なる柱が天の御柱に相当すると思います。

Fujimi
2008年12月03日 22:27
『古事記』原文にある「見立」、この漢字二字をどう読むかですね。
Fujimi
2008年12月03日 22:31
「八」(ya)に、ユダヤの唯一神を見る説も承知していますが、いま一つ確証が得られません。

この記事へのトラックバック