『古事記ノート』(3) その語り始めの唯名論 

『古事記』を読むゼミ、まだ数行しか本文は進んでいない。じっくり『古事記』を読解すると、次々と不思議な箇所に気付くからである。

B・H・チェンバレンの英訳では、本文の始まりは、

The names of the Deities that were born in the Plain of High Heaven......

であり、最初の主語が、"names"。つまり「名前」。これは、案外重要である。

紀元前18世紀に成立した古代バビロニアの『エヌマ・エリシュ』(Enûma Eliš)は、「上では天空が命名されず」で始まり、ここには、シュメールの唯名論が反映しているとされる。

『古事記』は、「(前略)神名」「天之御中主神」が、最初の文章。その後、神の名前の列挙となる。名前にこだわり、名前を重用視する書物であり、これは唯名論的な宗教を持つ人々の書物。『日本書紀』では、その特徴が薄れる。『風土記』でも、土地の名付けが重要視され、唯名論的特徴が顕著。

唯名論は、日本では言霊信仰として親しまれている。名前やことばに、この世やあの世を動かす力があると信じる考え方である。唯一神の名前をみだらに呼んではいけないとする旧約聖書にも、その影は見られる。

その唯名論的神話のトップを飾る天之御中主神を、作られた神としているのは、折口信夫だが、その影響が強いのだろうか。

次に、この最初の神に対する私の考えをまとめておきたい。

    夢千夜天と地との種なる名前  夏石番矢


参照
『古事記』ノート(2) 天之御中主神は不在?
http://banyahaiku.at.webry.info/200805/article_26.html
『古事記』ノート(1) 革命者としての天武天皇
http://banyahaiku.at.webry.info/200805/article_11.html















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『古事記ノート』(4) 天之御中主神の正体

    Excerpt: 『古事記』に最初に登場する神、天之御中主神が、作り上げられた神ではないと主張したのは、文化人類学者の大林太良。その著書『日本神話の起源』(角川書店、1973年)では、次のような考えが示されている。 Weblog: Ban'ya racked: 2008-06-01 20:20
  • イスラエルで現代俳句アンソロジー準備

    Excerpt: イスラエルで、現代俳句アンソロジーが準備されている。夏石の俳句は、日本語からの10句が、ヘブライ語訳で掲載予定。そのうちの1句。 Weblog: Ban'ya racked: 2011-11-16 21:03