Toni Picciniの句集

昨年、ジェノヴァで出会った、トリエステの俳人トニ・ピッチーニから、句集の序文を依頼してきたので、2時間で英文の序文を書いた。題して”Freedom beyond Rainbows”。
なかなか面白い内容のイタリア語・英語句集が出版される。
その日本語の題を毛筆で書いて、トニに進呈した。

画像


In nessun cielo
è rinchiuso il volo
di un gabbiano

No sky
limits the flight
of a seagull         Toni Piccini

どの空も
鴎の飛行を
閉じ込められない      トニ・ピッチーニ



この句の鴎の自由は、人間の自由を暗示している。
そう、もっとのびのびと鴎も人間も生きられるのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Fujimi
2007年04月15日 00:40
この句集、まもなく出版されます。これをはじめとして、世界の句集シリーズが同じイタリアの出版社から刊行されます。
Fujimi
2008年03月01日 01:28
この句集、宣伝もあまりせずに、180部すでに売れたそうです。

この記事へのトラックバック

  • イタリアの句集シリーズ刊行始まる!

    Excerpt: イタリアのAlbalibri社から、世界の句集シリーズの出版が始まった。第一弾は、イタリア・トリエステのToni Picciniの句集『俳句外典』。日本語の題字と作者名は、夏石番矢による毛筆書き。 Weblog: Ban'ya racked: 2007-05-19 17:15
  • イタリアから俳句の入れ墨所望

    Excerpt: イタリアのトリエステに住むトニ・ピッチーニから、自分の句の和訳を私が墨書したものを、腕に入れ墨したいという。たしか入れ墨ではなく、色紙が欲しいと言っていたのを、先延ばししていたはずだが、いつのまにか入.. Weblog: Ban'ya racked: 2007-09-19 08:56
  • イタリアの出版、序文待ち

    Excerpt: イタリアのミラノの出版社、Albalibri Editoreからの句集は、英語とイタリア語の序文だけ入稿待ちとなった。この出版も夏休み状態を抜け出した。 Weblog: Ban'ya racked: 2007-10-17 19:24
  • 俳句トーク イタリアから

    Excerpt: イタリアのトリエステで、俳画展を開催している Toni Piccini から、10月26日(金)夜に開かれた、俳句トークの写真が送られてきた。 Weblog: Ban'ya racked: 2007-10-27 17:46
  • イタリア句集シリーズ第3弾

    Excerpt: 今日は、朝から働いた。 Weblog: Ban'ya racked: 2007-11-22 08:16
  • ジェノヴァの坂俳画

    Excerpt: トリエステのトニ・ピッチー二に出会ったのが、2005年6月のジェノヴァ詩祭。それから約2年で、イタリアで句集シリーズの刊行が始まった。 Weblog: Ban'ya racked: 2007-12-11 21:26
  • イタリアで句集『空飛ぶ法王 44俳句』出版へ

    Excerpt: トリエステのトニ・ピッチーニの仲介で、日伊対訳句集『空飛ぶ法王 44俳句』が出版へと動いている。トニとは、2005年5月にジェノヴァ国際詩祭ではじめて出会って以来、さまざまな協力が実現してきた。出会っ.. Weblog: Ban'ya racked: 2010-06-05 20:15