アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「古事記」のブログ記事

みんなの「古事記」ブログ

タイトル 日 時
古事記ノート(28) 序文偽書説についての発表
2017年度は、M大学H学部でM・I教授として担当している比較文化の古事記ゼミ、受講者(ゼミ生)のレポート発表が面白い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/14 00:00
古事記ノート(27) ツノグイとイクグイ
古事記ノート(27) ツノグイとイクグイ しばらく中断していた古事記ノート再開。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/01/14 00:35
瀬戸内海の血脈
来年10月に、ひさしぶりで愛媛県を訪れる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/07 00:00
「埼玉新聞」文化欄に夏石番矢の考古学記事
「埼玉新聞」文化欄に夏石番矢の考古学記事 2016年10月24日(月)付け「埼玉新聞」文化欄に夏石番矢の、さきたま古墳群についての考古学記事。 なんと一面に見出しが!!! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/28 00:00
さきたま古墳群の記事「埼玉新聞」に
さきたま古墳群の記事「埼玉新聞」に 9月4日(日)に猛暑のなか訪れた、さきたま古墳群についての記事が、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/20 19:23
さきたま古墳群について原稿を書く
9月初めに訪れたさきたま古墳群についての原稿を書く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2016/09/29 00:00
ワカタケルではない
さきたま古墳群、稲荷山古墳から出土した、金錯銘鉄剣の裏側に刻まれている大王の名、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/21 00:00
シリアの詩人ムハマド・オダイマさんとの昼食
シリアの詩人ムハマド・オダイマさんとの昼食 3月15日(火)、銀座の中華料理店、小南国で、シリア出身で日本在住の詩人ムハマド・オダイマさんとはじめて会い、昼食。フカひれセットをおごる。夏石俳句のアラビア語訳のお礼に。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 4 / コメント 0

2016/03/18 00:00
古事記ノート(26) 黄泉の雷
『古事記』の黄泉のくだりで、理解できず気がかりな部分があった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/02/28 00:00
瓢箪型ではない瓢箪の宇宙
瓢箪型ではない瓢箪の宇宙 国立科学博物館にひさしぶりで入った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/05 02:25
日本語とタミル語
大野晋『日本語とタミル語』(新潮社、1981年)、『弥生文明と南インド』(岩波書店、2004年)を読んだ。付随して田中孝顕『日本語の起源 日本語クレオールタミル語説の批判的検証を通した日本神話の研究』(きこ書房、2004年)も読む。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/11/03 16:07
ゼミ生から国家公務員
私のM大学H学部のゼミ(古事記)から、初めて国家公務員が誕生する。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/01 02:35
七夕と北斗七星
七夕と北斗七星 先週、東京・神田の天理ギャラリーで、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/16 00:00
古事記ノート(22) コノハナノサクヤヒメ
ひさしぶりの古事記ノート。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/20 00:00
勝俣隆『星座で読み解く日本神話』を読む
勝俣隆『星座で読み解く日本神話』(あじあブックス、大修館書店、2000年)を読む。M大学H学部のゼミのため。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/05 00:00
ハノイの砂
ハノイの砂 ハノイは、中国語の「河内」に由来する。紅河の運んだ砂が、洲となり、平地となった。「河内」から、古代大阪の河内湾を連想する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/09/22 00:00
星田神社へ電話
2009年4月、父母(父は実家、母は介護施設)が郷里の兵庫県相生市で健在のときに、立ち寄った大阪府交野市星田神社の宮司さん、佐々木久裕さんへ電話。約5年ぶりの接触。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/13 00:00
春学期の成績付け終える
M大学H学部春学期5コマの成績を付け終える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/26 07:06
第二回横超忌ビデオ
第二回横超忌ビデオ 2014年3月17日(月)、東京・麻布台で開かれた、第二回横超忌(吉本隆明忌)のビデオが、YouTubeにアップされた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/27 00:00
第二回横超忌
第二回横超忌 2014年3月17日(月)、東京・麻布台で開かれた、第二回横超忌(吉本隆明忌)の案内状。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 4

2014/03/24 00:00
古事記ノート(25) 日朝をつなぐイナヒ
『古事記』『日本書紀』とも、後の神武天皇であるワカミケヌの同母兄として、イナヒ(稲飯)が登場する。『日本書紀』では、神武東征の際同行し、熊野沖で暴風に遇い、入水するが、『古事記』上巻最後では、神武東征以前に、「妣の国」である「海原」に入ったとされる。いずれも、あまり目立たない存在。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 1

2013/11/28 00:00
古事記ノート(24) 阿曇族について
時差ボケでひたすら眠い。起きているとき、阿曇(あずみ)族についての本を2冊読む。屋根裏部屋整理のとき、3冊見つけたうちの2冊。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/09/30 00:00
三井寺と萱津神社
7月9日(火)午前、猛暑のなか、三井寺へ。霊泉にボコボコと音がして水が湧いている。「三井」の由来の泉。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/10 09:13
古事記ノート(23) 序文の「天皇」と「皇帝」
『古事記』の漢文の序文には、かなり巧緻な謎かけがほどこされている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/06/12 00:00
関裕二の日本古代史本はゴミ
2月1日(金)、虫歯1本の治療のために南浦和へ行く。西村歯科クリニックの入っているビルの1階の書店で、ひさしぶりで日本古代史の新刊を買う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/03 00:00
研究室で5時間 採点と考察
1月25日(金)、午後から5時間、明大和泉キャンパスの自分の研究室に詰める。暖房を入れても、足元が寒い。足湯などもできない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/26 00:00
古事記ノート(22) 葦と鉄と鈴と稲
この年末年始、自宅の蔵書の古代史関連書を数十冊、再読。とくに真弓常忠『古代の鉄と神々』(学生社、1985年)がおもしろかった。イザナキ・イザナミの名前のなかの、「サナギ」が鉄鐸を指すとの福士幸次郎の提唱を再評価し、その鉄の材料は、葦原中国(あしはらのなかつくに)の葦などの水辺の植物の根の周囲に、鉄バクテリアの働きで集められる「スズ」と呼ばれる褐鉄鉱とする説。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/22 00:00
古事記ノート(21) 国引き神話1
記紀神話にはなく、『出雲国風土記』意宇郡の条に、ヤツカミヅオミツノが、国引きをする神話がある。これは、出雲にあった独自の神話の断片だろう。どう解釈するか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/12/27 00:00
古事記ノート(20) ツムガリの大刀とは?
古事記ノート(19) ヤマタノオロチは出雲にいなかった? http://banyahaiku.at.webry.info/201212/article_22.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/21 00:00
古事記ノート(19) ヤマタノオロチは出雲にいなかった?
古事記ノート(19) ヤマタノオロチは出雲にいなかった? スサノヲのヤマタノオロチ退治は、日本神話のハイライトの一つだが、これが『古事記』出雲神話の冒頭に置かれていることに疑問を感じる。また、オロチを退治したのがスサノヲであるのも、作り物臭い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/20 00:00
古事記ノート(18) 天の死と更新
ひさしぶりで古事記ノート。明治大学法学部の乾ゼミ(古事記)も続いている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/13 00:00
ベトナムからの質問に答える
ハノイのレー・ティビンさんから、「吟遊」第55号掲載の夏石番矢「長い影」の数句について、ベトナム語訳するにあたり、質問がメールされてきたので答えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/14 07:27
ゼミのレポートに一安心
M大H学部の3・4年生対象のゼミ(専門演習 古事記)、全部で5人分6通のレポートを先週受け取り、一安心。少人数だからこそ、一人一人のレポートが重要になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/01 07:30
古事記ノート(17) 仏訳古事記入手
フランス語訳『古事記』を、インターネット注文して、入手。2年前は、仏訳新刊は存在しなかった。M大H学部の専門演習(古事記)は、すでに前期終了。後期に活用したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/14 14:47
7月4日のM大2コマ
7月4日(水)午後、M大H学部2コマをSキャンパスで。この日、気温が上がるが、昨年ほどではない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/05 00:00
古事記ノート(15) 台湾の神話を読む
ネットで買った古本で、初めて台湾の神話を読む。入手したのは、昭和9年(1934年)初版の次の本。一部に未読ページがあり、ひさしぶりでペーパーナイフを使った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/25 00:00
古事記ノート(14) 声と死体の蝿
約2年ぶりの古事記ノート。この2年は、大変な2年だった。M大H学部での古事記のゼミは続いている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/24 00:00
甲府へ
2月20日(月)〜22日(水)、2泊3日で、はじめて甲府へ行く。気分転換に。私は、古事記ゼミの下調べのため、酒折宮、玉諸神社、天津司神社、穴切大神社、柴宮神社、山神社、物部神社、山梨岡神社などを訪れる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/22 23:59
よく眠る
この3日間、よく眠る。目覚めている間は、本を読む。福本和夫の『日本ルネッサンス』や出雲の古代史についての本。『古事記』での、出雲神話が、納得いかない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/19 18:18
ブラックカード!!!
10月19日(水)、明治大学法学部乾ゼミ(比較文化 古事記)の発表で、フェンシング部のS君から、ブラックカードの存在を知らされる。これをもらうと、1年間試合出場停止。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/20 07:41
ゼミ生2人就職内定!!!
明治大学法学部乾ゼミ(比較文化)の4年生5人のうち、2人就職内定。警視庁と物流会社。1人は単位不足で留年決定。残りの2人は、奮闘中。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/30 00:00
播磨公さんと淡路島へ
4月17日(日)、播磨公さんと、加古川駅北口に午前10時に待ち合わせて、彼の車で淡路島に向かう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/18 07:57
放射能を水に流す?
日本では、「水に流す」ことがいいことのように思われている。かなり根深い心性。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/07 00:54
インターネットで古本を買う
インターネットの ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/26 00:00
教室の蛍光灯が・・・・・・
11月17日(水)、コートをはじめて着て、外出。M大学Sキャンパスでの午後の2コマの授業をこなす。M大学H学部の学生諸君はいい子が多い。ただ、教養はあまりない!これは、現在の若者共通の問題点。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/18 00:00
古事記ノート(13) 九州の三国
ひさしぶりの『古事記』ノート。ゼミ生は、レポート作成のため、奮戦中だろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/22 00:00
M大学から風邪気味で帰宅
5月26日(水)、M大学SキャンパスでH学部の2コマ授業を終える。寒い小雨の一日。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/27 00:00
M大学H学部乾ゼミ初コンパ
M大学H学部乾ゼミ初コンパ 5月22日(土)午後7時より、わたみん家お茶ノ水駅前店で、M大学H学部乾ゼミの初コンパ。ほぼ全員参加。このゼミに10月まで出席する、世界俳句協会の無給インターン、アンドレアス・プライス君も参加。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/05/24 00:00
内定とコンパ
5月19日(水)午後、M大学Sキャンパスで、H学部の授業を2コマ。「比較文化B」(俳句)では、就職先から内定をもらった男子学生が初出席。Music of the Twentieth Century(A.P.F.P, USA, 2010)掲載のBan'ya Natsuishi署名の英語俳句7句"Essential Holiday"を解説し、その後、俳句に否定的だったB・H・チェンバレンの俳句研究の皮肉な効果に言及。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/05/20 00:00
授業始めの緊張
4月13日(火)、14日(水)は、M大学Sキャンパスで、H学部の3コマの授業を開始した。担当教師として緊張している。3年目の『古事記』の専門演習(ゼミ)は、ぐんと受講者が増えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/16 06:12
「俳句 縦横無尽56 ことばの三本柱」が「高知新聞」に
「高知新聞」2009年12月7日付けに、夏石番矢「俳句 縦横無尽56 ことばの三本柱」が掲載された。記事の画像を下に。この連載も、私の執筆分はあと1回。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 1

2009/12/11 00:00
『古事記』ノート(12) 隕鉄の剣
現在発見されている最古の鉄剣は、トルコのアンカラ郊外の王墓から発掘されたもので、4300年前に隕鉄から作られたものだったらしい。『古事記』には、隕鉄を暗示する神々が登場している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/12/06 00:44
授業中の眠気と満月
12月2日(水)の授業、2コマ目の『古事記』の専門演習では、話しているうちに、猛烈に眠くなってしまった。イザナミが黄泉から帰り、禊ぎをして三貴子を生むところまで進む。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/03 08:18
「俳句 縦横無尽56」を高知新聞社へ送稿
「俳句 縦横無尽56」を高知新聞社へメールで送稿する。「ことばの三本柱」としての俳句の魅力を、編集中の『世界俳句2010 第6号』の1句、柄谷行人さんの発言、『古事記』に言及しながら説く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/12/02 00:31
『古事記』ノート(11) 命の主
1990年8月末、はじめて出雲を訪れた。このとき、出雲大社の東で、気になる小さい神社に遭遇した。命主社である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/11/17 00:02
『古事記』ノート(10) 天之御中主ふたたび
1年ほど中断していた、『古事記』ノートを再開したい。その間、ゼミは進行していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/11/17 00:00
『古事記』ノート(9) 天の御柱と八尋殿 を見立てる
イザナキ、イザナミ二神が、天降り、結婚したのは、どういう場所だろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/12/03 19:56
『古事記』ノート(8) おのごろ島生成
しばらく中断していた『古事記』ノートを再開したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2008/11/13 00:01
『古事記』ノート(7) 神代七代3
『古事記』の神代七代の、角杙神(つのぐいのかみ)と妹活杙神(いも・いくぐいのかみ)は、どのような神々だろうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/06/19 19:15
『古事記』ノート(6) 神代七代2
『古事記』において、はじめて登場する対偶神らしい神は、宇比地邇神(うひぢこのかみ)と妹須比智邇神(いもすひぢこのかみ)。後者の、「妹」を取れば、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/15 04:21
『古事記』ノート(5) 神代七代1
『古事記』は、口伝の部分もところどころ残しながら、まとめあげるのに苦労した文字記録。そこにおいて、神々の登場順序は、意図的であり、無意味ではないはずだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/12 04:17
『古事記ノート』(4) 天之御中主神の正体
『古事記』に最初に登場する神、天之御中主神が、作り上げられた神ではないと主張したのは、文化人類学者の大林太良。その著書『日本神話の起源』(角川書店、1973年)では、次のような考えが示されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/06/02 00:00
『古事記ノート』(3) その語り始めの唯名論 
『古事記』を読むゼミ、まだ数行しか本文は進んでいない。じっくり『古事記』を読解すると、次々と不思議な箇所に気付くからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/05/31 00:00
『古事記』ノート(2) 天之御中主神は不在?
『古事記』に最初に登場する神の名は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。この神様を祀る古い神社がないところから、作られた神という解釈が優勢なようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2008/05/19 00:05
『古事記』ノート(1) 革命者としての天武天皇
2008年度明治大学法学部の専門演習のテーマは、『古事記』読解。現在、受講生4名。これから断続的に、メモを書き留めておきたい。『古事記』は、岩波文庫に基づく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2008/05/09 20:08

トップへ | みんなの「古事記」ブログ

Ban'ya 古事記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる