アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「アート」のブログ記事

みんなの「アート」ブログ

タイトル 日 時
ダヴィンチの孤高
ダヴィンチの孤高 帰国前の9月12日(火)、パルマのピロッタ宮にある国立ギャラリーを訪れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 00:00
授業と睡魔
私の授業中の声が子守唄になって、居眠りする学生がいる。注意しても、なかなか睡魔は去らない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/02 10:52
著作権が存在したら印象派は成立しなかった?
著作権が存在したら印象派は成立しなかった? 19世紀後半に、日本とフランスに著作権が存在したなら、印象派は成立しなかっただろうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/16 00:00
火曜日休館はまぎらわしい
美術館、博物館、画廊で、月曜お休みではなくて、火曜日休みのところがあり、まぎらわしい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/23 20:53
ゴッホの指跡
ゴッホの指跡 上野の森美術館で開催の、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/11/27 00:00
ゴッホの日本(2) 刈りいれ
ゴッホの日本(2) 刈りいれ ゴッホとゴーギャン展で実物を初めて観た絵に、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/11/25 00:00
ゴッホの日本(1) アーモンド
ゴッホの日本(1) アーモンド 東京都美術館開催の、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/11/24 00:00
プリンター壊れる
EPSONのプリンターが壊れる。結局1年5か月しかもたなかった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/14 00:00
去来の句の真贋
去来の句の真贋 長崎の史跡料亭「花月」のM・Yさんから、向井去来の句の真贋の問い合わせがあった。「花月」所蔵の軸に揮毫されたもの。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/09 00:00
井上有一の書 「貧」と「孤」
井上有一の書 「貧」と「孤」 11月24日(火)午後、銀座の壱番館地下1階、思文閣銀座開催の、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/25 00:00
寝てばかりの一日
10月31日(土)、ほとんど寝てばかりの一日だった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/01 13:12
11か月ぶりで医院へ
10月27日(火)、11か月ぶりで、富士見市内のK医院へ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/28 00:00
久隅守景の≪納涼図屏風≫
久隅守景の≪納涼図屏風≫ 東京・六本木のサントリー美術館で、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/23 00:00
純金泥を買う
純金泥を買う 純金泥をネットで購入する。1グラムで決して安くなかった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/20 00:00
永青文庫の春画展
永青文庫の春画展 10月の第3週は、多くの展覧会へ出かける。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/17 00:00
俳句動画「ターコイズ・ミルク」
淳心学院第15回生同期のコヤマエイジ作の俳句動画「ターコイズ・ミルク」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2015/10/07 00:01
『夏石番矢+清水国治俳画集』完成
『夏石番矢+清水国治俳画集』完成 『夏石番矢+清水国治俳画集』が完成した。最初の1冊は、東京滞在中のポーランド俳人レフ・シェグロフスキさんに進呈する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/03 00:00
東京都美術館「モネ展」
東京都美術館「モネ展」 9月24日(木)午後、上野の東京都美術館開催の、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/26 00:00
絵入り色紙「すなあらし」
絵入り色紙「すなあらし」 無性に色紙に絵と字を書くたくなって、1枚書く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/21 00:00
段ボール箱を装飾
段ボール箱を装飾 第8回世界俳句協会大会に自費で来てくれ、第9回世界俳句協会大会パルマ開催を斡旋してくれた、R・Zさんへのおみやげを入れる小さい段ボール箱を装飾してみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/22 00:00
亡父の誕生日とアユタヤの仏像
亡父の誕生日とアユタヤの仏像 8月1日(土)は、亡父の誕生日。これに合わせるでもなく、7月30日(木)に、銀座並木通り東端のギャラリー飛鳥で、タイのアユタヤ王朝時代の小さい仏像二体を買う。高くなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/01 00:00
クラウドファンディングのリターン3
クラウドファンディングのリターン3 第8回世界俳句協会大会のためのクラウドファンディングのリターンとして、清水国治さん制作のデジタル俳画、芭蕉版。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2015/07/10 00:00
クラウドファンディングのリターン2
クラウドファンディングのリターン2 第8回世界俳句協会大会のためのクラウドファンディングのリターンとして、清水国治さん制作のデジタル俳画。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 5 / コメント 0

2015/07/09 00:00
西荻窪の数寄和へ再び
西荻窪の数寄和へ再び 6月20日(土)、11か月振りで、西荻窪の数寄和へ。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/22 00:00
新宿のゴッホの≪向日葵≫鑑賞 2度目
新宿のゴッホの≪向日葵≫鑑賞 2度目 6月5日(金)、午後からのM大Iキャンパス授業前に、新宿で降り、損保ジャパン日本興亜ビル42階の、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/07 00:00
北斎版画の本物を初めて買う
北斎版画の本物を初めて買う 北斎版画の本物を初めて、東京・神田神保町で買う。あまり高くない小さなもの。由井の塩田を描いたものだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/31 00:00
唯一のわが油絵
唯一のわが油絵 屋根裏部屋にあった油絵。保存状態はよくない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/02/23 00:00
'84俳句展の案内はがき
'84俳句展の案内はがき 自宅屋根裏部屋にある段ボール箱を調べていたら、展覧会の案内はがきが出てきた。31年前の1984年のもの。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/02/19 00:00
『世界俳句2015 第11号』表紙案1
『世界俳句2015 第11号』表紙案1 『世界俳句2015 第11号』の表紙案1。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 8 / コメント 2

2015/01/11 00:00
超鳥獣戯画の時代へ
超鳥獣戯画の時代へ 総選挙の結果については…… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/12/16 00:00
「腋」という漢字を忘れていた
「腋」という漢字を忘れていた 「腋毛」と手書きで書く際、この「腋」という漢字を忘れていることに気づく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/14 00:00
教材作りと選句
12月11日(木)、追加処方してもらった薬のおかげで、風邪の症状よくなる。声が嗄れては授業ができない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/12 00:00
雪舟の線
雪舟の水墨画は、国宝に指定されているものがあっても、どうもいい絵と思えない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/10 00:00
ゴッホと寒満月
12月5日(金)、午後2コマM大H学部の授業を終え、銀座で電気針治療を終えて、午後9時前帰宅。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/06 00:00
風邪で寝込む
銀座鍼灸院の治療に通ったおかげで、首と頭の疲れがかなり楽になる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/28 00:00
Willem de Kooning展
Willem de Kooning展 11月24日(月、祝)午後2時ごろ、ウィレム・デ・ク-ニング (Willem de Kooning) 展を、東京・京橋のブリヂストン美術館で観る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/11/25 00:00
イタリアからの俳画
イタリアからの俳画 イタリア・パルマからの俳画。Romano Zeraschi作。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/06 00:00
笠松紫浪の「夜雨不忍池」
笠松紫浪の「夜雨不忍池」 笠松紫浪 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E6%9D%BE%E7%B4%AB%E6%B5%AA ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/01 00:00
「起源―堀浩哉」展
「起源―堀浩哉」展 2014年10月18日(土)午後、京王線の京王多摩センター駅まで初めて行く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/22 08:55
シスレーの雪の絵
シスレーの雪の絵 10月15日(水)昼過ぎ、出講前に、国立新美術館の ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2014/10/17 00:00
ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎
ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎 10月8日(水)昼ごろ、3コマ授業の前に、上野の森美術館で、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/09 09:27
三と四
三と四について、現代美術家と西洋クラシック音楽に詳しい友人に、電話で尋ねる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/06 00:00
ハノイからの絵2点
ハノイからの絵2点 ハノイの絵描きで俳人のファン・ヴカン(Phan Vu Khanh)さんが書いてくれた油絵とデッサン1点ずつ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/09/18 00:00
春学期の成績付け終える
M大学H学部春学期5コマの成績を付け終える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/26 07:06
西荻窪の数寄和へ
西荻窪の数寄和へ 7月7日(月)午後、東京・西荻窪の数寄和へ、はじめて寄る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2014/07/15 00:00
『犬 50俳句』第一段階完了
ハンガリーでの3言語+水彩画の出版、『犬 50俳句』のために、まず50種類の犬を詠んだ俳句を、このほど日本語で作った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 2

2014/03/26 00:00
ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡展
ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡展 2月28日(金)午後、M大学の会議の前に、渋谷区立松濤美術館で、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/01 11:15
下痢おさまり仕事に
前々日、前日と、下痢が続いたが、11月22日(金)朝おさまり、M大IキャンパスへH学部2コマ出講。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/23 01:07
線を捨てた横山大観
線を捨てた横山大観 10月15日(火)、昼過ぎから横浜美術館の「横山大観 良き師、良き友」展へ行く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/18 00:00
洛中洛外図 舟木本の面白さ
洛中洛外図 舟木本の面白さ 先週、東京国立博物館の特別展「洛中洛外図と障壁画の美」を見た。岩佐又兵衛作「洛中洛外図 舟木本」がとくにすぐれていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/10/15 00:00
『北斎漫画』の現物を見た!!!
7月19日(金)午後2時半〜3時半、印象派のインスピレーションのもとになったと言われている『北斎漫画』全十五巻を、M大Iキャンパス図書館で、約一時間見た。第十五巻の奥付けには、明治十年八月三十一日の日付がある。北斎没後にようやく完結した作品。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/21 01:26
浮舟図屏風の大胆な金の舟
5月19日(日)昼食後、根津美術館の「国宝燕子花図屏風 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/26 00:00
スウェデン大使館での展覧会オープニング
5月20日(月)、この日小雨。午後5時半より、スウェーデン大使館ベルイマン展示ホールで、下記展覧会オープニング・パーティー。日、スウェーデン、中、韓、米のアーティストの作品を展示。スウェーデン大使夫人エヴァ・ヴァリエさんもアーティスト。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/21 07:49
「奇跡のクラーク・コレクション」展
5月19日(日)、2つの展覧会を観る。その一つ。「奇跡のクラーク・コレクション――ルノワールとフランス絵画の傑作」、東京・丸の内の三菱一号館美術館。米国富豪スターリング・クラークのコレクションの大半の展覧会。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/20 00:00
「ラファエロ」展
2013年5月14日(火)、日中暑くなる。先週の強風の火曜とは違って、放射線量は低い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/15 00:00
『世界俳句2013 第9号』カバー決定
『世界俳句2013 第9号 World Haiku 2013: No. 9』(七月堂、2013年3月5日)のカバーが決定した。今回は、3つの案から1つを選ぶことに。詩人で版画家の岩佐なをさんの版画を最終的に使用。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/02/17 00:00
12月2日(日)埼玉近美でゲスト出演
埼玉県立近代美術館、12月2日(日)午後2時半からの、ミュージアム・コンサートに、ゲストとして出演。ジャズのテナー・サックス奏者川嶋哲郎と夏石の俳句朗読とのコラボ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/25 00:29
美術家からの福島についてのメール
畏友で、美術家の堀浩哉さんから、次のようなメールをもらった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/06 00:00
受講生レポート発表とデモ
7月6日(金)午後の「比較文化AT」は、受講生のうち約10人によるレポート発表。好きな浮世絵1点を選び、その鑑賞と分析。予想以上にいい口頭発表。自分の直感を基礎にしての分析に、私も学ぶところが多かった。いくつか箇条書きに。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/07 00:00
不器用なセザンヌ
先週のM大Sキャンパスへの出講日、授業の前に、新国立美術館開催の、 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/20 00:00
睡眠と旧友による映像
4月19日(木)、この日断続的によく眠る。合い間に、明日のM大H学部Iキャンパス2コマの準備。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/20 00:00
3月20日の展覧会オープニング・セレモニー
2012年3月20日(火)午後6時から、ブダペスト、エリザベス・シティ・コミュニティー・センター開催の、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2012/03/21 00:00
3月20日ブダペストでのプログラム
2012年3月20日(火)午後6時から、ブダペスト、エリザベス・シティ・コミュニティー・センター開催の、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/03/02 00:00
ハンガリーから招待状
ハンガリーから、カラフルな招待状とプログラム。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/25 08:15
歌川国芳展
12月26日(月)午後、東京・六本木、森アーツセンターギャラリー開催の、 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/26 23:53
授業を終える
多難な2011年の授業を終える。一時は、福島原発事故のため亡命も考えた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/16 19:48
眠い金曜日
11月25日(金)、朝から猛烈に眠かったが、午前中鍼治療、午後2コマの授業を終える。ゴッホを講じた授業ではいねむりしている学生もいたが、眠りたいのは私のほう。帰宅して夕食後、すぐに眠る。この日、ブログの記事アップをひさしぶりで休む。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/26 14:07
『福本和夫著作集』完結記念の集い報告集
『『福本和夫著作集』完結記念の集い報告集』(こぶし書房、2011年10月、800円)が、先週届く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/28 00:32
浦和〜北浦和を歩き展覧会へ
10月6日(木)、午前からJR浦和駅へ。うらわ美術家と埼玉県立近代美術館同時開催の、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/07 00:00
所沢ビエンナーレ美術展2011 引込線
8月27日(土)、午後3時ごろ自宅からタクシーで、旧所沢市立第2学校給食センターへ向かう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/28 00:00
『世界俳句協会アンソロジー2011』カバー
、『世界俳句協会アンソロジー2011 World Haiku Association Anthology 2011 』(2011年9月、七月堂、500円)のカバー・デザインが決定した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 14 / コメント 0

2011/08/12 00:00
共同通信社、堀浩哉展、TPF2/WHAC6会議
8月9日(火)午後、暑かったが、次の三つのため外出。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/08/10 10:25
北斎についてのレポート
来週6月29日(水)からの、南米コロンビア行きに関連して、M大H学部「比較文化A」の受講生にレポートを課した。1人を除いて24日(金)に受け取る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/26 00:00
公開授業を終える
6月15日(水)と17日(金)午後、M大学H学部での2コマが、付属高校への公開授業となった。いずれも「比較文化」で、一つは俳句、もう一つは浮世絵と印象派。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/18 00:00
福本和夫著作集完結記念の集い
2011年5月21日(土)午後2時半から5時まで、東京・神田の学士会館で開催の、福本和夫著作集完結記念の集いに出席。ほとんど面識のない参加者の中に混じるが、それぞれのスピーチが面白い。参加者は、各大学の名誉教授が多かった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/05/22 12:28
福本和夫著作集完結記念の集いの発起人になる
このブログが機縁となり、『福本和夫著作集』(こぶし書房)の月報に短文を書いた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/06 15:01
ハンガリーでの展覧会
ハンガリーでの最初の出版、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/04 00:00
アキバタマビ21 act 日本画の「日本」とは?
2月26日(土)、葛西臨海水族園ののち、東京・外神田のアキバタマビ21へ行く。ここへは2度目。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/28 00:00
没後120年ゴッホ展
10月4日(月)、午後1時過ぎ、乃木坂の国立新美術館へ、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/05 00:00
Degas展を見に横浜へ
10月2日(土)、午後11時に自宅を出て、横浜美術館のドガ展へ。午後1時前に到着、昼食前に展覧会を鑑賞。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/03 00:00
日本の鈍さと夏石の希望 俳句の場合
世界俳句フェスティバル・ペーチ2010は大成功だったが、この種の国際イベントは、終ってからがまた、大切なのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/14 00:00
更新に憑く アキバタマビ21
9月11日(土)に、アンドレアス・プライス君と訪れた、 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/09/13 00:00
アキバタマビ21第3回展へ行く
堀浩哉さんとは、1988年以来のおつきあい。信念と行動力のある芸術家。堀さんが、プロデュースする、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/09/12 09:19
エズラ・パウンドとゴッホ
6月17日(木)午後、T大学Hキャンパスでの、B学部「世界の俳句」を講じる。T・E・ヒューム、エズラ・パウンドについて。途中、ベルグソン哲学、ポール・ヴェルレーヌの4行詩にも触れる。先週より疲れが軽くなる。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/18 00:00
『俳句縦横無尽』再校返送
5月5日(水、祝)、夏石番矢・鎌倉佐弓『俳句縦横無尽』(沖積舎、本体価格2500円)の再校ゲラを、沖積舎へ返送した。二人の文章における表記の統一に、かなり手間取った。国際詩祭の名称、現在活躍する海外詩人の名前など、この本ではじめて日本語に登場するものも少なくない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/05/06 00:00
イスラエルでの石パフォーマンス
ラトヴィアの友人オヤルス・フェルドベルグス(Ojars Feldbergs)からメールが来た。イスラエルで石のパフォーマンスを行ったとのこと。Pit and Pileというプロジェクト。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/04 00:00
国宝 土偶展
2月17日(水)午前、東京国立博物館の、「国宝 土偶展」を見にゆく。書籍などに印刷された写真で見たもの、まったく初見のものも含めて、一つのまとまった印象を持った。実物のほうが、写真よりずっとすばらしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/17 23:11
和辻哲郎『古寺巡礼』を読む
『宇治拾遺物語』についで、和辻哲郎『古寺巡礼』(岩波文庫、1979年)を読む。現在の姫路市仁豊野出身の著者30歳の1919年に、初版が出版された名著。岩波文庫版は、若書きの部分を削った改訂版。この哲学者が、なつかしいと言っている大和地方の山野には、西播磨のうぶすなの記憶が重ねられていて、私もなつかしく感じる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/11 22:45
「文學界」2010年新春号へエッセイ送稿
月刊「文學界」(文藝春秋社)2010年新春号へ、エッセイ400字5枚をメールで送る。送ろうとすると、催促のメールが入っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/16 00:35
オルハン・ベンリ作品展
11月28日(土)午後5時より、代官山のパーソナルギャラリー「地中海」開催の、オルハン・ベンリ (Orhan Benli) 作品展を、鎌倉佐弓と見にゆく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/11/29 08:20
速水御舟の貧弱さ
11月26日(木)、午前11時ごろ、東京・広尾に移転した、山種美術館の「速水御舟―日本画への挑戦―」を見にゆく。全展示作品を、二度最初から最後まで鑑賞したが、正直がっかりした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/27 00:00
リトアニア初代大統領ランズベルギス氏に『迷路のヴィルニュス』を贈呈
11月20日(金)午後6時半、ひさしぶりにネクタイを締めて、東京・代官山のヒルサイド・プラザへ行く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 1

2009/11/21 12:53
ロートレック展からモンマルトル回想
11月13日(金)、授業の前に、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムへ行く。ここに来たのは何年ぶりだろうか? 「ロートレック・コネクション 愛すべき画家をめぐる物語」を見る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/16 14:14
『迷路のヴィルニュス』の扉絵を描く
『迷路のヴィルニュス』の三章の扉絵を描いてみたくなったので、絵筆で試みる。その1枚。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 4

2009/08/16 18:18
第5回世界俳句協会大会記念 俳画コンテスト賞品
9月30日より10月4日まで、リトアニアで開催の、ドルスキニンカイ詩の秋ならびに第五回世界俳句協会大会2009を記念しての俳画コンテストが開かれる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/07 00:00
M大学H学部の成績表提出とゴーギャン展
7月30日(木)昼ごろ、M大学H学部2009年度前期の担当科目2コマ分の成績を、提出する。すで提出したものと合わせて、すべて採点終了! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/31 00:00
From Helsinki (2)
Today, we walked Helsinki. In Ateneum Museum, we watched "The Kalevala in Images" exhibition. In the bookshop of the museum, they sell only "Hokusai and "Hiroshige" without other books of Japanese art. ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/19 01:40
吉田照男展
5月26日(火)の授業前に、銀座2−11−4富善ビル1F開催の、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/27 00:00
「百の花」の句が、さっそくデジタル俳画に
現在、天理市のギャラリーおやさとで、「観る俳句」展とういう俳画展開催中の、清水国治さんへ、ブログで俳句のエールを送ったところ、さっそくデジタル俳画にしてくださった。会場にも飾ってくださるとのこと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/05 12:56
8人のサムライと俳画
第4回世界俳句協会日本総会の二次会が、新宿「サムライ」であった。8人のサムライが、「サムライ」に集まった。俳句は、群れて中途半端なお遊びをして消滅するのではなく、しっかりとした芯を持った人が、これから必要とされ、相互に創造的な刺激を与える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/05/04 18:09
ミニ箒を買う
4月27日(月)、東京・京橋の、ギャラリー山口で、「絵画の力 堀 浩哉/根岸芳郎 展」を見る。堀さんの絵は旧作だが、やはり「動き」と「力」のある絵だ。そのあと、近くの箒屋に入る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/28 00:00
天理で「観る俳句」展
2003年秋に、第2回世界俳句協会が開催された天理で、ゴールデンウィークに俳画展が開催される。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/14 07:04
鎌田幸二作陶展
3月12日(木)午後、日本橋高島屋6階美術画廊開催の、鎌田幸二作陶展を見にゆく。初対面の鎌田さんとはじめてことばを交わす。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/13 01:55
『空飛ぶ法王』ヒロ・ヤマガタの手へ
夏石番矢第12句集『空飛ぶ法王 161俳句』(こおろ社発行、東京堂出版発売、本体価格2400円、ISBN978‐4‐490-20651‐C0092 \2400E)が、この本のブック・デザイナーの清水国治さんから、ヒロ・ヤマガタさんに手渡された。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/27 21:28
大学の特定個人研究費で浮世絵は買えるか?
神田神保町の大屋書房では、浮世絵が販売されている。勤務先のM大学で、特定個人研究費を使って浮世絵を購入できるか、事務職員に尋ねたところ、「前例がない。事務長に相談する」とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/28 18:36
ラトヴィアから招待状
ラトヴィアから、9月の行事についての参加打診と、招待状が届いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/05/13 10:08
高橋由一の龍の絵馬 広尾稲荷神社
4月28日(月)、フィンランドセンターの帰りに、広尾稲荷神社に寄った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/29 01:09
第55回WHA俳画コンテスト優秀作の俳句を和訳する
第55回世界俳句協会俳画コンテストの優秀作2点が、審査員の清水国治さんより送られてきた。それらの俳画のなかの俳句の和訳をすませ、返送した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/25 21:43
第54回世界俳句協会俳画コンテストのための和訳
世界俳句協会ホームぺージで毎月開催の俳画コンテストは、このほど第54回の結果発表を迎える。2003年2月から始めているので、5年以上の歳月を重ねたことになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/22 14:53
Harvests of New Millenium到着
インドのCyberwit.net社から、同社発行の、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/09 15:50
俳句朗読とはないけ所作 打ち上げ
2月23日(土)午後8時前から午後11時までの、「俳句朗読とはないけ所作」打ち上げでは、演者のお二人や、さまざまな人たちと語り、楽しいひとときだった。やぐらコタツの席が、アットホームなくつろぎをもたらす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/25 00:00
俳句朗読とはないけ所作 暴力とクッション
2月23日(土)午後、生野毅の俳句朗読と上野雄次のはないけ所作を、茅場町に見に行く。途中、東京メトロ東西線が、強風のため、運休と知る。大手町からタクシーで、永代橋そばの会場、Gallery Maki へ到着。ここは、江戸時代の霊岸島。あたりは暴風が吹き荒れていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/02/24 02:18
『福本和夫著作集 第五巻 葛飾北斎論』刊行!
『福本和夫著作集 第五巻 葛飾北斎論』(2008年2月25日、こぶし書房、5600円)が、本日届いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/21 20:09
第4回世界俳句協会大会記念俳画コンテスト賞状
このほど、第4回世界俳句協会大会記念俳画コンテスト入賞者 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/19 15:11
福本和夫著作集の月報へ寄稿
インターネットで購入した福本和夫『北斎と印象派・立体派の人々』(昭森社、1955年)についての、このブログの記事、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/01/15 00:00
津澤薫・母へのオマージュ展
俳人、津沢マサ子さんのご次男、津澤薫さんの個展を、1月10日(木)の夕方見に行った。 今回の個展は、サブタイトルが、「−灰色の象のかたちを見にゆかん−俳人・津沢マサ子句」。薫さんの作品と、マサ子さんの句のパネルを組み合わせた展覧会。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 5

2008/01/11 08:52
ゴッホの絵はアニミズムか?
浮世絵と印象派をめぐる、明治大学法学部での「比較文化論」も、大詰め。いま考えているのは、ゴッホの絵は、アニミズムの産物か? とういうこと。この主張は、大島清次『ジャポニズム 印象派と浮世絵の周辺』(講談社学術文庫、1992年、現在絶版)に見られるもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/12/14 00:00
ジェノヴァの坂俳画
トリエステのトニ・ピッチーニ (Toni Piccini) に出会ったのが、2005年6月のジェノヴァ詩祭。それから約2年で、イタリアで句集シリーズの刊行が始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/11 20:56
屋上教会俳画
イタリアのトニ・ピッチーニ (Toni Piccini) から、写真が送られてきた。私の俳句を思い出して、俳画にしたのだと言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/09 01:27
2007 CAFネビュラ展
12月2日(日)午後、『世界俳句2008』の欧文作品編集をすませ、埼玉県立近代美術館の、2007 CAFネビュラ展を見に行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/03 01:34
四谷アート・ステュディウムを訪ねる
11月19日(月)、午前、四谷アート・ステュディウムを訪ね、岡崎乾二郎さんと話す。あるプロジェクトのため。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/20 00:00
北斎の超越力
11月9日(金)午前、大学に出講する前に、松涛美術館の、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 00:00
大名物 新田と初花 大徳川展から
10月24日(水)昼過ぎ、授業の前に、東京国立博物館の、「大徳川展」を見に行く。平日にもかかわらず、入場者は予想以上に多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2007/10/27 00:00
イタリアで俳画展
イタリアのトニ・ピッチーニ (Toni Piccini) が、彼が住むトリエステで俳画展を開催している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/10/22 00:00
Great Ukiyo-e Masters
10月19日午前、渋谷区の松濤美術館の、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/10/20 08:21
鎌倉佐弓朗読会完了
10月18日(木)午後6時より、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/19 00:43
「歌麿」の衝撃から浮世絵の認識へ
「歌麿」の衝撃で、一時はどうなることかと危ぶんだ、明治大学法学部の授業「比較文化論AT」の前期のレポートを読んで、採点した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/08/04 00:00
共産主義者の浮世絵と印象派研究 福本和夫の古本
昨年末、ネットで古本を注文した。福本和夫『北斎と印象派・立体派の人々』(昭森社、1955年1月1日、当時の定価800円)である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/07/15 00:00
マネの猫
フランス印象派の画家、エドゥアール・マネ (Edouard Manet 1832−83) にも、他の印象派と同様に、葛飾北斎や歌川国芳などの影響があるが、このところマネの絵の猫が気になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/08 00:00
モネの印象(3) ばらの小径の迫力
国立新美術館のモネ展で、最も強い印象を私に与えたのが、この画家の晩年の油絵数点。もはや目がよく見えないころの作。たとえば、≪ばらの小径≫、1918年〜24年の制作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/29 00:00
モネの印象(2) 朝のパラダイス
モネには、さまざまな側面があるが、とくに天上的美しさを現出しているのが、1899年作の、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/26 00:00
モネの印象(1) 砂糖菓子の質感
6月21日(木)の午後、中国大使館を訪れたあと昼飯を食べてから、国立新美術館の「大回顧展 モネ 印象派の巨匠、その遺産」を見にいった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/25 00:00
UTAMARO紹介
大学生が、歌麿を知らない「『歌麿』の衝撃」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/05/21 00:06
日本語とモンゴル語の色紙「日本海に」
いつからか、ニ言語色紙、多言語色紙を書くようになった。欧米の友人には、日本語を横にして、現地のことばの横書きに合わせて作成している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2007/05/06 00:00
初授業と出席のよさ
今週は、授業開始。明治大学法学部の6コマすべて開講した。学生が、再履修のフランス語まで、よく出席していたのに、驚く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/04/15 00:00
セザンヌの≪サント=ヴィクトワール山≫
1996年から1998年のパリ滞在中、借りたアパ−トに遠くないオルセー美術館には、あまり行かなかった。もったいないことをしたと思うが、当時の私の関心は別なところに向いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/07 00:01
『右目の白夜』俳画
世界で最も注目されている俳画サイト、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2007/02/17 00:01
デジタル俳画 街への投網のような花火が返事です
まずは、花火さんに自句自解を求められ、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/02/06 00:01
馬と少年 ヘレニズム青銅像の傑作
こどものころ、風邪で高熱が出たとき、必ずと言っていいほど、馬に乗って疾走している夢を見た。また、馬頭琴の演奏は大好きだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/01 00:00
アーモンドと桜
見知らぬ土地では、私たちは新奇なものを探し求めると同時に、自分になじんだものをこっそりと見つけようとしている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/27 00:01
自句自解(1) 街への花火 
このブログのコメントで、花火さんから、私の句の鑑賞を求められました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 6 / コメント 29

2007/01/14 00:01
ゴッホの山水画
ゴッホの油絵に、奇妙な風景画がある。アルルでの耳切り事件1年後の、1889年12月、サン=レミで制作した「ペイルレ渓谷」Bである。同じ題の絵が3枚あるので、制作順に@ABと番号を付けてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/01/08 00:01
「黄色い夢」の寄稿
つくば市に発行所がある「俳句新聞」から、近詠5句の原稿依頼があったので、このブログの記事、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/01/07 00:01
ジャック・ガルミッツ失業中
吟遊俳句賞2006の受賞者、ニューヨークのジャック・ガルミッツからメールが届いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/06 00:01
北斎のデザイン力
2006年の年末から2007年の年始にかけて、葛飾北斎の木版画を楽しんでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/01/05 00:01
謹賀新年2007
あけましておめでとうございます   夏石番矢 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/01 00:00
わが墨書2006年回顧(2)
4月には、吟遊ホームページ再建のお礼に、お世話になった二人へ、色紙を2枚書いて進呈した。数年前、突然H・Eさんが運営をやめると言い出して消滅していたサイトを、3月に突貫工事で築き上げたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/30 00:01
魔の山 サント=ヴィクトワール山(4)
サント=ヴィクトワール山は、刻々と姿を変える魔の山だ。セザンヌの絵が、この山の不動性ばかりを描いているのが奇妙くらい。だから、ピカソならどうこの山と取り組んだだろうかと、つい想像してまうのだ。ピカソは、この山を絵には描かずに、北麓の城を購入して、日々を過ごすことによって、山全体の放つエネルギーを、しっかりと心身に吸い込んでいたのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2006/12/23 00:01
魔の山 サント=ヴィクトワール山(3)
サント=ヴィクトワール山の北側は、南とは一変して、なだらかでおだやかな風景が広がる。こちら側を、自分勝手に女性斜面と名付けてみた。あの南斜面と同一の山を構成しているとは、とても信じられない気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/21 00:01
魔の山 サント=ヴィクトワール山(2)
セザンヌが生まれた都市、エク=サン=プロヴァンスの建物の高階からも、サント=ヴィクトワール山は、わずかに見える。1996年12月3日に、この都市の友人宅から撮影した写真の中央遠景に、南仏の魔の山の頂上が、少し顔をのぞかせている。南仏特有の冷たいミストラルの吹く日だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/19 00:01
魔の山 サント=ヴィクトワール山(1)
南仏を何度か訪れても、正直なところ私は、南仏が生んだセザンヌという画家やその絵に対しての理解が深まらなかった。セザンヌが描いた南仏の風土にはかなり親しむことができても、セザンヌの絵には、理解を拒むバリアーを感じてしまうのである。 他の印象派の画家が日本の版画の影響を受けていることを、セザンヌはとても冷ややかな目で見ていたことと、このバリアーは関連するのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/18 00:00
アルル(1) 黄色い夢
アルルは、くすんだ灰色の町だ。アルルへは、二度行った。1996年12月と1997年11月である。もっと明るい活気のある町かと予想していたが、静かだった。それはそれで悪くない。 古代ローマ遺跡、円形闘技場からの眺めは、グラン・ローヌ川も見えて、なかなかシック。水運と陸運の要衝として、古くから栄えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/12/07 00:01
ゴーギャンとゴッホ 
明治大学法学部2年生向けのフランス語の授業で、何度か教科書として、『ゴーガン=ゴッホ往復書簡』(丹治恒次郎編、白水社、1993年初版)を使用している。 手紙自体は、ゴッホが2週間に1度、売春宿へゆく記述など、あまり下品な内容のものは選ばれていない。とてもまじめで真剣な内容ものばかり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 4 / コメント 4

2006/12/06 00:01
淳心学院の思い出(2) 生徒手帳の俳句
富士見市の自宅に、淳心学院時代の生徒手帳がある。相生の実家を増改築するさい、送られてきたもの。 昭和46年(1971年)4月発行、高校1年のときの生徒手帳。 ここには、学習時間割や国鉄の発車時刻表、日々の予定の他に、自由に書き込んだメモなどもある。 また、「飛」という漢字が好きだったので、美術の課題としての、この漢字のデザイン案も、鉛筆と万年筆で描かれている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 2

2006/11/25 22:26
紀元前の十字
十字というと、キリストにすぐ結び付くが、キリスト以前の十字、もしくは×印が、この世には存在した。考えてみれば、十字架も、刑罰のための道具で、キリスト以前から存在した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/10/29 01:03
琥珀の猫
今年の5月にはじめて訪れたリトアニアでは、「考えるキリスト」に出会ったが、おみやげとしてヴィルヌスの店で買って、気に入っているのが、琥珀製の猫である。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/27 00:20
Haiga(俳画)創作
Haikuが、地球のあちこちで、さまざまな言語で作られているのを知るにつれ、Haiga(俳画)創作も、さかんであることを知った。 Haigaについての英語の紹介本も、たとえばアマゾンコムで検索すると、けっこう出版されていることがわかる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/26 01:37
吟遊俳句賞2006 Ginyu Haiku Prize 2006
今年の吟遊俳句賞は、米国ニューヨーク在住の、ユダヤ系詩人Jack Galmitz氏に決定した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2006/10/22 21:39
キリストと弥勒
旅は、ときどき思いがけないものに出会わせてくれる。 今年5月、リトアニアの「詩の春」に参加したさい、「考えるキリスト」(英語では、Pensive Christ)なるものに遭遇した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/20 03:39
ジェノヴァのZen彫刻
昨年5月、ジェノヴァのポエトリー・フェスティバルに参加したさい、俳句イヴェントの聴衆の一人、地元の美術家Stefano Maschi氏が、「是非帰りに見てもらいたいものがある」と誘われ、坂道に付いていった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/17 14:06

トップへ | みんなの「アート」ブログ

Ban'ya アートのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる