Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本古代史本の罠

<<   作成日時 : 2018/04/15 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

溝咋神社につられて、「溝咋」がタイトルに入った日本古代史本を読んだ。

日本古代史本をこれまで何百冊読んできただろう。部分的に卓見があっても、途中で自分の妄想へと逸れていったり、あるいは現在認められている通念に閉じ込められたりで、これがいいという本はなかなかない。

完璧でなくても、70パーセントはいいという本がない。

日本にはしっかりとした古代からの歴史観がない。そこからまともなナショナリズムは生まれない。

  溝に埋もれた花と記憶に泥積もる  夏石番矢




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本古代史本の罠 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる