Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 年賀状で地獄堕ち

<<   作成日時 : 2018/01/07 00:01   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年度は、80枚ほど年賀状の宛名とメッセージなど、硯で磨った松煙墨で書いた。これはほんとうにひさしぶり。このところ、妻には年末に負担ばかりかけていた。

そして、大晦日から年始にかけて、『世界俳句2018 第14号』の編集と新句集『氷の禁域』原稿作成など行った。

年賀状から遠ざかったのには理由がある。

1 年末年始は『世界俳句』編集でへとへとになる
2 いやみな自慢話を書いてくる人がいて読む気がしない
3 自慢話ならともかく、呪いに近いことを書いてくる人がいる

2、3は、年賀状を出す人間の愚行。これをそれなりの地位の人が行っている。こういう人は生前から地獄堕ち。

年始にすがすがしい気分を相手に与えるのが常識だと思うが……

日本はやはりこういうところで、崩壊しつつあると感じる。

来年は、どうするか考え直したい。

  名誉教授から教授へ呪いの年賀状  夏石番矢


参照
年賀状墨書
http://banyahaiku.at.webry.info/201712/article_16.html





































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年賀状で地獄堕ち Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる