Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 希望の党という野合

<<   作成日時 : 2017/10/05 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

希望の党なる奇妙な政党出現と、民進党前原誠司の愚かな決断によって、野党は、右派=希望、新左派=立憲民主党、旧左派=社民、共産の3つに分裂した。

自公は、腐った無原則右派。

民主党時代、偽メール事件で、大失敗をした前原誠司は同じ間違いをしでかした。また、小泉純一郎首相時代、小泉改革の欺瞞に気づかず賛美していた。民主党政権時代、大臣になっても何の業績もなかった。こういう男は、一生、まともな交渉、まともな決断、まともな仕事ができない。

今回の衆議院選挙で、自公大敗、野党統一候補圧勝を予測していたが、自公微減、民進党消滅、希望の党伸び悩み、左派堅調という結果になるだろう。

つまり、自公過半数獲得、全体として野党不振で、安倍自公政権継続、消費税10%、日本経済衰退の将来が見えてきた。選挙をするたびに、日本は悪くなる。

野党統一候補を唱えていた小沢一郎のカリスマ性も失墜。それほどの大人物でもない。彼が推進した小選挙区は失敗だ。死に票が多く、選挙で民意が反映されない。

結局、2009年の民主党政権誕生の柱だった小沢一郎の失墜、鳩山由紀夫の政界引退、そして民主党消滅は、これを望む某国の策謀の結果だろうし、野党側の人材不足も災いしている。

日本には二大政党制が生まれない。

今回誕生する希望の党も長続きしない。小池百合子には政治家としての信念や人徳が欠けている。一時的な人気だけ。都知事としての実績もない。あいかわらず1強多弱が続くのだろう。1強が中軸から腐っているにもかかわらず。

日本の国政は、いつまでたってもまともなものにならない。

ただし、投票率が上がり、自公以外への投票が、死に票が少なくなるように配分されれば、自公過半数割れもありうる。黒い心臓=安倍晋三はもうこりごりだ。

  腐った南瓜よりなお臭い黒い心臓

  腐った南瓜に錆びた五寸釘を打つ  夏石番矢


















 

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小選挙区は失敗。そうだと思います。多々問題はありますが、一番の問題は大多数の選挙区に候補者を立てなければいけないために自薦他薦を含めて公募して資質や能力に問題があっても必要人数を公認してしまうこと。つまり政治家の質の劣化は避けられないことになる。今回「希望の党」は過半数を狙える候補者を立候補させるらしいが、政治家として的確な人が短期間にそれだけ集まるとは思えない。
Tsuji-Boston
2017/10/05 13:03
多くの小選挙区では、自公、希望、共産の3者から選択になりますが、有権者がどう判断するか。安倍自公は嫌で、希望もいやだが、しかたなく希望になるかどうか。この選択結果によって、自公過半数割れもありえます。
Fujimi
2017/10/05 19:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
希望の党という野合 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる