Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS ネパールあて句集序文を書く

<<   作成日時 : 2017/06/19 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

ネパールの詩人ラム・クマール・パンデイさんの句集『Flooded Gorge』の原稿が届き、英語による序文を書く。英文の磨き上げを、プロの翻訳家E・Sさんに有料で依頼する。

原稿料が入らず、英語のネイティブ・チェック代が必要となる。

画像


日本・ネパール修好60周年記念出版。

序文を書いていて、海外での俳句の受け取り方の同じ問題に直面する。エズラ・パウンド以来、英語圏での俳句の単純化と平板化。だから、ちょっとした思いつきの英語俳句が蔓延する。

英語圏以外でも、同様の問題がある。

また、俳句の英語に明確な文法的ミスがある。

俳句は本当に世界化されているのか? 英語がほんとうに世界言語となっているのか?

俳句の抜け殻が、おかしな英語とともに地球上にはびこっているだけではないのか?

それでも、パンデイさんには、次のような魅力的な俳句がある。

Each Friday
A tower falls
To fill up empty ocean

金曜日ごと
塔が倒れ
からの海満たす

この「塔」はなんだろう? わからなくても、読者を引き込む力がある。


参照
ソネット形式の俳句は不可能
http://banyahaiku.at.webry.info/201706/article_15.html










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
少し辛口で、20世紀世界俳句史と芭蕉俳句のポイントを簡潔に書いた英語の序文、著者のパンデーさんに喜んでもらえ、句集のリリース行事参加のため、ネパール滞在3日間アレンジすると招待されたが、今年は行けないので、来年にと返事した。
Fujimi
2017/06/22 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネパールあて句集序文を書く Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる