Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 「天ぷらそば」議論のへの答え

<<   作成日時 : 2017/05/17 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ夜食に、チキンラーメンを食べている。卵や野菜を加えていただく。

チキンラーメンを食べていて思い出したことがある。「天ぷらそば」議論である。

これは、東京大学教養学部、同大学大学院の学生時代、当時教授だった故阿部良雄先生からお聞きした議論。

つまり、そばも天ぷらも不十分なのに、天ぷらそばなんてとんでもない、と言う議論。

これは、そばや天ぷらが、日本文学、フランス文学、ドイツ文学などの各国別文学にあたり、天ぷらそばが比較文学にあたる。

この問題は、大学、大学院時代のみならず、ずっと私を悩ませてきた。

しかし、幸いなことに、60歳を過ぎて、次のように言えるようになった。

そばや天ぷらを、それぞれ極めることは、それができる人が専念すればいい。

しかし、現代の世界は、天ぷらそばどころか、もっとわけのわからない混合物になっている。五目中華そば、長崎ちゃんぽんでさえ、比喩として不十分。

だから、不十分であっても、五目中華、長崎ちゃんぽん以上の混合物に対処するしかない。

ここには、もっと別の解決策もあった。

研究者でなく、創作者ならば、そばだけ、天ぷらだけでは、未曽有の成果は上げられない。とにかく、何でも取り込んで混合物が、混合物以上の新しい何かになるように、創作することが大切。

また、別の事実にも遭遇した。そばも、天ぷらも、どちらも格別うまい店がある。この店以上のそばや天ぷらに出会ったことはない。

「天ぷらそば」議論は、このようにして氷解した。

   蕎麦の花より白い女神の顔やっと見えた  夏石番矢










































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「天ぷらそば」議論のへの答え Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる