Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本古代史本の欠陥

<<   作成日時 : 2017/02/11 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ、日本古代史本をたくさん読んでいる。

卓見もなくはないが、いい加減な論が多い。

官僚出身者の文章には、人間性が欠けている。

日本には、とくに西と南から、長い年月、人と文化が渡来している。その多元性、時代性をまるごととらえる世界観が必要。

各地方の古墳から出土する冠は、古代に分立した国の王のもの。大和朝廷が与えたものではない。

熊野、出雲、韓国のインスピレーションが生んだわが句集『楽浪』(書肆山田、1992年)の命名も、実は日本古代文化成立に関わる。

しかし、これを読み解いてくれる批評家はいないだろう。

  波の花の冠を手によみがえる君  夏石番矢
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本古代史本の欠陥 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる