Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴッホの指跡

<<   作成日時 : 2016/11/27 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

上野の森美術館で開催の、

デトロイト美術館展

で観たゴッホの自画像に、作者の指跡。1887年、ゴッホのパリ時代の作。

画像


右下の青い服に、指跡がくっきり。自分自身を、野獣に近く描いている。これはかなり自己を対象化できる、あるいは戯画化して描ける冷静さをゴッホは持っていた証拠。指跡は白く、意図的に残したのだろう。

このところ私も、自宅の框や幅木に、右人差し指でペンキを塗ったので、とても親しみを感じた。

各自画像で、目がかなり違っているのも特徴。ここでは、警戒心と飢えと孤独がよく出ている。

この秋は、ゴッホの絵の観方に変化が生じ、理解を深めることができた。

  この指先はひまわりを生みおのれを生む  夏石番矢


参照
ゴッホの日本(1) アーモンド
http://banyahaiku.at.webry.info/201611/article_34.html

ゴッホの日本(2) 刈りいれ
http://banyahaiku.at.webry.info/201611/article_38.html









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゴッホのゴーギャンとの共同生活の破たんの原因とゴッホ絵画の前衛性
ゴッホとゴーギャン UCommunitylife between Gogh and Gauguin フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)は19世紀末に名を刻み、その後の美術史に大きな影響を与えました。この二人の個性的な天才画家が、南アルルで共同生活を送り、お互いにその後の画業に影響を与えました。しかし、共同生活は2か月で破綻しました。 ...続きを見る
dezire_photo & art
2016/12/20 12:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴッホの指跡 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる