Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴッホの日本(2) 刈りいれ

<<   作成日時 : 2016/11/25 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

ゴッホとゴーギャン展で実物を初めて観た絵に、

1888年6月に、アルル時代のゴッホが制作した、≪収穫≫がある。

収穫
画像


複製画像では何度も観た絵ながら、初めて観た実物は、なんとも堂々と、晴れ晴れとしていた。サイズも、想像よりやや大きめ。展覧会では、ゴッホの自信作との掲示があった。

セザンヌの≪収穫≫を意識して描かれた1枚である。こちらは、1877年までに描かれた油絵。

画像


もちろん、両者は別物で、両者の特徴がよく出ている。しかし、両者ともに、浮世絵の影響、ジャポニスムが顕著なのは共通する。

画面が明るい。画面構成では平面性が強い。

セザンヌは、松の木や杉並木越しの浮世絵をまねている。

両者とも、補色に近い青と黄色の対比が色彩のポイント。

タッチは、セザンヌがほぼ同一で、ゴッホはさまざまなタッチを使い分けている。

基本的にセザンヌは絵が下手である。下手だから、抽象へ進まざるをえなかった。

ゴッホの≪収穫≫には、厳かな明るさと静けさがある。ほとんどの日本の浮世絵にはない特徴。この実物を観て、ゴッホは日本の浮世絵を凌駕したとの確信を持ったのではないかと、私は思った。

この≪収穫≫の晴れ晴れとした雰囲気は、意外な収穫だった。


参照
ゴッホの日本(1) アーモンド
http://banyahaiku.at.webry.info/201611/article_34.html






























プリキャンバス複製画・ギャラリーラップ仕上げ(6号サイズ)
グーピルギャラリー
   額縁に入れた場合の参考例額縁:AS413G/F6号/ゴールド色 ■表示価格に額縁は含まれていま

楽天市場 by プリキャンバス複製画・ギャラリーラップ仕上げ(6号サイズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゴッホの指跡
上野の森美術館で開催の、 ...続きを見る
Ban'ya
2016/11/26 22:13
ゴッホのゴーギャンとの共同生活の破たんの原因とゴッホ絵画の前衛性
ゴッホとゴーギャン UCommunitylife between Gogh and Gauguin フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)は19世紀末に名を刻み、その後の美術史に大きな影響を与えました。この二人の個性的な天才画家が、南アルルで共同生活を送り、お互いにその後の画業に影響を与えました。しかし、共同生活は2か月で破綻しました。 ...続きを見る
dezire_photo & art
2016/12/20 12:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴッホの日本(2) 刈りいれ Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる