Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 「好きこそものの上手なれ」の真意

<<   作成日時 : 2016/05/24 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「好きこそものの上手なれ」

ということわざは、誰もが知っているだろう。だが、その真意を理解している人は少ない。

これについて、

俳句雑誌「鬼」20周年記念祝賀会
http://banyahaiku.at.webry.info/201605/article_23.html

の祝辞で述べた。

ある物事を本当に好きな人と、それを虚栄心などで利用している人は、似て非なる存在。その道の偉い人にも、後者が結構いる。

前者は、老いても若々しい。嫉妬心は少ない。

後者は、老い方に消耗や下品さが加わる。嫉妬心の塊。こういう人の仕事は残らない。

いまは、前者がいないわけではないが、後者があらゆる分野にはびこり、その分野を劣化させている。

  風呂場の黴のような嫉妬この世に  夏石番矢



























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「好きこそものの上手なれ」の真意 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる