Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 去来の句の真贋

<<   作成日時 : 2016/01/09 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

長崎の史跡料亭「花月」のM・Yさんから、向井去来の句の真贋の問い合わせがあった。「花月」所蔵の軸に揮毫されたもの。

画像


 野辺うららわれも霞の中ならめ 去来

と書いてある。

狩野常信の署名もそれらしい。しかし、なぜこの俳句に、馬の絵が添えられているのだろうか? これが謎というより、あやしい。また、馬の絵が下手だ。馬の目は死んでいる。

常信の真筆の署名落款
画像


画像


「野辺うらら」の俳句、私の手持ち資料には出てこないので、俳文学者の復本一郎先生にお尋ねしたら、次のようなお返事が届く。

画像


常信と去来は、時代的には合うのだが、二人の接点が不明。

結局、真贋はっきりしないのだが、私は去来の故郷長崎で作られた偽物という印象を持っているが、確証はない。

偽物だとしたら、たちの悪い偽物だ。

去来の句も、名句ではないが、そこそこ。常信は、署名が本物に似せてあるが、気品と勢いがない。落款は本物に近い。いずれも贋作作りの小賢しさを感じる。

 ふり向いた荒馬の目はもう死んでいる

 正月や野の句と馬の絵うたがわし  夏石番矢

























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
去来の句の真贋 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる