Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 紙の本

<<   作成日時 : 2015/03/03 02:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

紙の本は売れない。そうなのだろうか? これまでの数十年がバブルだったのではないか?

たとえば、50年前、新刊は少なく、それだけ1冊が貴重だった。

図書館の書庫の空きスペースがなくなりつつある。増築の予算もない。図書購入費もどこも減額。新刊は歓迎されない。

また、書籍を電子化すればいいというものでもない。

文化と言語の中心は、詩歌。これが日本では曖昧になる。曖昧になれば、出版の意味も薄れる。

いまの出版状況を一本の木に喩える。幹の中心が虫食い。枝もすぐ折れる小枝ばかりで、あまり茂らない。新しい葉っぱも、ほとんど病気。しかもまわりには、寒風が強い。伐採しても、ほとんど役に立たない。

幸いなことに、根っこはまだ生きている。

  歌は紙の上の繭私は風  夏石番矢

この「歌」は、自分自身の俳句を指している。「風」にはいくつかの意味がある。





















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紙の本 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる