Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 『韓国・朝鮮の知を読む』届く

<<   作成日時 : 2014/02/01 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

野間秀樹編『韓国・朝鮮の知を読む』(CUON、2014、共著)完成し、届く。

画像


『三国史記』『三国遺事』と夏石番矢句集『神々のフーガ』(弘栄堂書店、1990年)の関係について触れた短文「海をまたぐインスピレーション」収録。

タイトル中の海とは、日本海(東海)。

140人の文章からなる分厚い本に登場する俳人・歌人は、夏石のみ。これは何を意味するのだろうか?

これとは別に、反韓、反中に気勢を上げている若者は、これもまた奇妙。

この本についてのコメントとして私は、次のようなフレーズを考えた。韓国のメディアや出版元のチラシに使われるかもしれない。

  近くて遠い両国の何重もの架け橋


参照
『韓国・朝鮮の<知>を読む』へ寄稿
http://banyahaiku.at.webry.info/201304/article_32.html






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国版『韓国・朝鮮の知を読む』届く
共著、韓国版『韓国・朝鮮の知を読む』(ウィズダム・ハウス、2014年10月10日)が届く。 ...続きを見る
Ban'ya
2014/11/12 17:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この本、2/9に現地(韓国)の聯合ニュースで紹介されるとのこと。
Fujimi
2014/02/06 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
『韓国・朝鮮の知を読む』届く Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる