Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 英訳者との再会

<<   作成日時 : 2013/07/05 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

6月29日(土)午後7時から、南青山のKimono Wine Bar and Grillで、NY在住の女性詩人Nada Gordonさんの来日記念朗読会があった。南青山はやや放射線量が高い。戸外は毎時0.14マイクロSV。室内は下がる。

Nadaさんの詩には、自然で変化に富む音楽性がある。

Nadaさんには、『世界俳句2013 第9号』と『ターコイズ・ミルク』にサインしてプレゼント。

ところで、朗読会を企画したのはエリック・セランドだが、会場一番乗りの男がいた。大柄でおだやかそうな白人。見覚えがあるが、思い出せない。名前を聞くとPaul Rossiter。

ポールとは、1991年に夏石の俳句の英訳を一緒に作成した。それが"Poetry Tokyo No. 6"に掲載されている。

画像


それからたぶん会っていないので、22年ぶりの再会。ポールは、東大駒場キャンパスで非常勤講師を今年引退したとのこと。もっとイケメン系のイギリス人だという記憶があるが、お互い年を取り、太った。

ポールも詩人で、詩集をもらった。"THE PAINTING STICK" (Pine Wave Press, Sendai, Japan, 2005)

画像


連作短詩の1篇


a little before

the Death of Oliver
Protector
a Whale came into the River Thames
and was taken at Greenwich

'tis said Oliver
was troubled at it


主賓のNadaさんの詩については、後日。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英訳者との再会 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる