Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年の自選3句

<<   作成日時 : 2012/12/31 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『俳壇年間2013年版』(本阿弥書店)のため、2012年度自選3句を選び、所定の用紙に記入する。『俳壇年間2013年版』は購入しない。ほとんど何の意味もない俳句や文章が並んでいるからである。

不毛の原因。世界に広がった俳句にまったく対応してない。過去の俳句のレベルを超えたものがほとんどない。まともな批評がない。

こういう不毛な日本の俳壇に影響されず、自作俳句のレベル維持と向上を、根気よく持続してゆくしかない。

画像


第3句、

  湖のように生きよと金の蟻  夏石番矢

を、2012年度新作俳句の自選1句とした。自宅の夏の羽蟻騒動をきっかけにして生まれた俳句だが、2月に訪れたハノイの西湖のゆったりした印象が混入して、作者の意図を超えるかたちで結晶したような手応えがある。

また、自分自身の生き方の転換を暗示しているような気もする1句。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年の自選3句 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる