Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 何重もの白い滝

<<   作成日時 : 2012/10/06 09:10   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10月5日(金)午前11時、朝霞市の峰雲堂で鍼・灸治療。夏休み中は、金曜以外の日に通っていたが、学期が始まると、金曜の午前11時にほぼ固定。

まず脈診。この数日の異例体験によって、通常の脈ではないとは予想していたが、治療中に、峰松正幸先生に次のように告げられる。

1 脈は、怒りと怖れを突き切った虚脱状態。こういう脈ははじめて。
2 脈をみる前に、胸部から頭にかけて、十数本の氷の滝が横に並んで見え、右脇から光が射している。自分のからだに痛みを感じた。
(この2は、「未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢」そのもの)

ここには書けないが、異例の体験をした結果であるのは、明白。

治療後、M大Iキャンパスで、H学部授業2コマすませ、夕方、ふじみ野市の皮膚科へ薬をもらいに行き、帰宅。

この日は、朝食以外、外食。内部被曝を気にしながらも。

帰宅後、風呂に入らず就寝。

  同時多発の滝を身に受け一人暮らし  夏石番矢





  


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何重もの白い滝 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる