Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 事任八幡宮 占いのルーツ

<<   作成日時 : 2011/10/31 13:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 1

2011年10月29日(土)、昼ごろ、掛川駅からタクシーで、事任八幡宮へ行く。この神社、「ことのまま・はちまんぐう」と読む。神紋は、三つ巴。

画像


八幡宮と合体しているが、元来は、コトノマチヒメを祀る神社。「マチ」は、石、亀の甲、木などを使って、神意を占った結果、あるいは占う行為を意味する古語。「コト」は、神意を意味する古語。

卑弥呼は、コトノマチヒメに似たシャーマン。

かなりの昔、占い神事は、現在の神社の隣の山にある本宮で行われていたようだ。この山には、時間がなく、登れなかった。本宮の祠前に、亀の甲のような石組みがあるとのこと。

コトノマチヒメは、忌部(いんべ)氏の女神。意志を示す神は、別にあり、その神意を占いで、この世へ招き出す女が、コトノマチヒメと呼ばれ、のちに崇拝の対象となったのだろう。この女神が、中臣(藤原)氏の祖先神、アメノコヤネの母とされている。

忌部氏のほうが、中臣氏より古くから、祭祀や神事を司っていたことを暗示する。いずれも、朝鮮半島から東遷してきたのだろう。

物部氏は、また別系統で、忌部氏や中臣氏より前に、朝鮮から大和へ進出していた。

  何を待つささやく樹木になりながら  夏石番矢








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この神社は もともと 粟ヶ岳と言われる 山の山頂 〔聖域)を
守るための 最初の結界をつかさどる場所として置かれた神社で
ここを理解できる方は 色々と感じると思います
楠の木は 囲いを最近してありますが掛川市の指定樹木でして
管理のため 根を踏まぬよう されたのですが 一部 触る部分が
あります。私が宮の宮司と話し合いで 一番癒しのエネルギーが
もらえるところを決めさせてもらいました。
楠は 人の思いを知り 色々とつらい思いを吸ってくれます
まだ力がありますから 自分から人の残した想念を週に一度
浄化させていますよ その日は楠周辺 見える人には
霧状のもやがみえます。
拝殿横の大杉は もう少しでお役目から解放されそうです。
次の神木にバトンタッチが繰るのではと思います。
次は 楠の木斜め上の ストレートに伸びる天からの力を
あたえる 杉の木が神木になりそうです

さてこの神社 特に癒しを感じる理由は ゼロ磁場の存在する場所だからと思われます。分 杭 峠 と同じ気を感じる方もおられます
本当に 自然の力の宝庫です。
運が良ければ 自然神の姿を見ることができますよ

足を運んでみてください

SRIN TAZA
2011/11/05 00:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
事任八幡宮 占いのルーツ Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる