Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 姫路で同窓生と飲む

<<   作成日時 : 2011/04/08 07:25   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 0

4月7日(木)、例年なら勤務先の明治大学法学部新入生の組別ガイダンスの日、姫路で、淳心学院第15回生同窓生の、辻孝憲君、尾上大輔君、妻の3人と飲む。

まず、姫路駅に午後5時前に妻と到着。そこから、駅南道路を南へ20分ぐらい歩く。姫路市役所近くの飾磨街道沿いの川飛こころ庵が待ち合わせ場所。早く着いたので近辺を歩く。灘菊酒造が近くにある。「灘菊」のコマーシャルを子供のころよく聞いた。このあたりの地名、栗山町は、灘菊の創業者の姓に由来。黒田官兵衛ゆかりの地でもある。

飾磨街道には、かつての富が感じられる。白壁と格子の家が、ところどころ残っている。生野の銀を飾磨港へ運ぶ「銀の馬車道」だったと、辻君に教わる。

辻君は、姫路の歯科医の息子。日本の大学に見切りをつけて、現在はハーバード大学で癌を研究している。待ち合わせは、午後6時。35年ぶりに、こころ庵で会う。

さまざま話しているうちに、尾上大輔君と、またいとこの関係だと明かしてくれる。

尾上大輔君は、OA機器の会社、ベンハウス社長。仕事を終えて、遅れて、明るくひょうひょうとした笑顔でやって来る。

いろいろ話す。辻君は、日本の福島原発についてなど、分析的で悲観的。尾上君は、鷹揚で楽天的。対照的なまたいとこだが、横顔が似ているのを発見!

午後8時過ぎ、尾上君のなじみ、魚町のAngelotへ場所を移す。インテリで美人のママ、娘と同じ名前の個性的女の子の店。赤ワインを2本半開ける。ここでもよく話す。尾上君は、「はよ東京へ帰り」と私たち夫婦に促し、辻君は福島原発はひどい状態だとして、避難は当然と、対照的。漫才のような会話で、心のこわばりが緩む。

名残惜しみながら、午後11時半ごろ、姫路駅へ。相生への最終電車、上郡行き0:03分発に乗る。

    遺伝子揺らぎ大地は揺らぎこの宴  夏石番矢































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
辻君がボストンから始めたツイートと福島原発の危険性など
淳心学院同期の第15回生、ボストン在住、ハーバード大学教授で癌の研究者、辻孝憲君もまた、ツイートを始めた。 ...続きを見る
Ban'ya
2013/03/22 18:00
淳心学院同期生のモノクロ写真
淳心学院第15回生同期で、ボストン在住の辻孝憲君の写真が、写真の世界的に名誉あるサイトに登場した。 ...続きを見る
Ban'ya
2013/09/28 08:32
ボストンからの同窓生との会食
2017年5月4日(木)正午から午後4時まで、米国ボストンから一時帰国中の、淳心学院第15回生同期の、辻孝憲君と、六本木の東京ミッドタウン2Fの六角で昼食、新国立美術館の第91回国展観覧、そして軽食カフェでお茶をともに過ごす。 ...続きを見る
Ban'ya
2017/05/05 19:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
姫路で同窓生と飲む Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる