Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩と中国人との会話

<<   作成日時 : 2011/02/24 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2月23日(水)、東武東上線の一駅分二つを散歩。

ある場所で、中国人男性と会話。日本語で。彼は元高校の生物の教師。

いろいろ勉強になった。

@ 中国の学生デモは、学生が暇だから行う。あまりイデオロギーには関係ない。

A 東北地方では、第一外国語が、日本語から英語に変化している。

B 中国では、小学校教諭のほうが、高校教諭より、給与以外の実入りがいい。

C 吉林市では、死刑は谷間で行い、多くの見物人が山から処刑を眺めて楽しむ。

D 中国の死体解剖は、額を銃撃された若い犯罪者(男)が対象となる。日本は、老人の献体が多い。

谷間の処刑の話に、高柳重信の『伯爵領』(1952年)の多行俳句を思い出した。


汽車が
虹が
雲が 税吏が
見下ろす谷間  高柳重信

今回作ったわが1句。

谷間の処刑を眺めた子どもが国を捨てる  夏石番矢






























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
散歩と中国人との会話 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる