Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 吟遊俳句賞2010受賞者なし

<<   作成日時 : 2010/10/03 01:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 7

現在、「吟遊」第48号の初校の校正が進行中。この号に発表する「吟遊俳句賞2010」は、受賞者なし。

残念だが、こういう結果になった。国内の句集は、ほとんど低レベル。この人が、ここまでひどい句集を出すのかと驚いている。

山本健吉が「軽み」を唱え始め、飯田龍太と森澄雄を持ち上げた1980年代ころから、戦後俳句はおかしくなった。「保守化」という問題ではない。表現がいい加減になったのである。宗田安正さんによると、飯田龍太は森澄雄を評価しておらず、「森の俳句は弱いからなあ」と言っていた。

森澄雄に代表されるように、軽くて、下手で、無内容な句に価値があると、錯覚するようになったのである。

富士見書房が「俳句研究」を刊行しはじめて、日本国内の俳句のマンネリと低レベル化はさらに進行した。角川俳壇が存在するとしたら、それは俳句の荒廃を生み、錯覚した俳句アマチュアを一時的に増やしただけだろう。それもやがて消えてゆく。

いま入院中の金子兜太が、「定型」を主張し始め、さらにマンネリと低レベル化に拍車をかけた。

俳句甲子園によっても、俳句の若返りは進まず、「有季定型」のなかのゲームとなりはてた。俳文学者の復本一郎さんによると、孤独を恐れず、真剣に俳句に向き合う人が減ってしまった。

今回は、海外の句集も、突出したものはなく、受賞者なしとなった。

日本語で、斬新な句集は誕生しないものだろうか?

日本のインチキ出版メディアにだまされてきた人々は、政治の分野では、メディアを疑い始めたが、文化の分野では、まっとうな認識や価値観はあまり育っていない。とくに俳句は、状況認識の鈍い人々が集まり、鈍い言語、鈍い感覚で、ひまつぶしをしている。芭蕉を語っても、長谷川櫂など、その本質に触れられない人々。

ただ、こういう状況は、俳句に限らず、あちこちの分野で起きている。

大きな時代の転換期に、たいていの人は、愚行を繰り返し、右往左往する。

    どぶ川に句集流れて虫の声  夏石番矢


参照
Ginyu Haiku Prize
http://www.geocities.jp/ginyu_haiku/ginyu.haiku.prize.htm    






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
「軽み」は侘び寂び同様、芭蕉の俳のなかに最初からあるものだと思っていました。開高健がそう述べていたのですが、山本健吉だったのか・・・・成程、時間的にちょうどシンクロしています。
ワタクシ、個人的には俳句に「軽み」があるのを前提に、それがどんどん研ぎ澄まされたのが現代川柳だとして、その諧謔味にニヤけておりました★不覚!
もっとも現代川柳と現代俳句、いったい何が・どうちがうのか混乱するばあいもありますが、このコトは先生がおっしゃるよな「表現がいい加減になった」り、「有季定型のゲームになりはてた」結果なのでしょうか?

ついでながら、独・アンドレア君の"Sweet,sweet legs"の和訳がおもしろかった〜!現代俳句は方言や若者言葉等、口語の援用がかく、句を発展させるよな気がしています。
ダイハード
2010/10/03 05:25
道草を食ってるわりには、まともなコメントありがとう!!!アンドレアス君です、アンドレアは奥さんの名前。芭蕉の「軽み」は、曲者。あまり重要視しないほうがいいでしょう。「かかり」(調べ)と関連して、芭蕉は言ったらしいぐらいしかわかりません。拡大解釈は危険。口語や俗語の活用は、実は俳言の伝統を生かすことです。アンドレアス君の俳句、日本語が先にできています。うかうかしていると、日本語の俳句まで、海外の人に取られてしまいます。

Fujimi
2010/10/03 18:37
>まともなコメントありがとう!!!
いゃ、まぁ・・・・屁屁屁(^^;)

しかしアンドレアス君は「和訳」でなくて、あの句を詠んだというのは驚異/脅威的ですね。マルチリンガルの人は大概そうですが、かれもまた「いい耳」を持っておいでだといわざるを得ません。
ダイハード
2010/10/03 21:17
それでは君は何が取りえですか?
Fujimi
2010/10/03 21:40
>取りえ。
先生、急ですね。急だがスルドイ質問。
卑下していうのじゃありませんが"I have Nothing."です。コレ以上の答えは自身の根っこにつながってきますから、おのれが苦しくなります。
ダイハード
2010/10/04 12:28
しょせんは、匿名のお遊びコメントですね。
Fujimi
2010/10/05 10:20
>お遊びコメント。
いや、簡単にそう決めつけないでください。逆にいえば、自身の根幹にかかわるコトを他人のコメント欄で軽々しく、しかも長々とは述べられないだけです常識的に。
ダイハード
2010/10/05 20:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
吟遊俳句賞2010受賞者なし Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる