Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 火宅あるいは火の車

<<   作成日時 : 2010/02/26 07:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

火宅と火の車が、同じ起源かどうかいまわからない。「火宅」のほうは、日蓮論を15年前に書いたときに、『法華経』で確認した覚えがあるが、いまはとりあえず、未確認。

昨夜私が電話した2人の人が、金銭的にはともかく、火の車のコマネズミだった。この2人とも、「テレビ」をよいものと考えている。

あれだけ情報操作し、集団ヒステリーを日本人に起こさせた「テレビ」も、火の車。

    劇風や火の車押す鼠千匹  夏石番矢

私たちが「火宅」を抜け出す方法が『法華経』に書いてあったかどうか、いまは覚えていない。あるはずと信じる。
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
火宅あるいは火の車 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる