Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国の骨の本にクロアチア俳句

<<   作成日時 : 2009/05/26 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

米国のLeanTo Pressより、今年の1月に、

Written in Bone: Bone Biographer's Casebook

が出版された。著者、Douglas OwsleyとKarin Bruwelheide。

画像


この本の103ページに、クロアチアのVladimir Devidéさんの俳句が、掲載された。そのページは、著作権を守るため、ここにコピーできないが、世界俳句協会のホームページからの転載で、世界俳句協会ディレクターとDevidéさんの許可のもと、この米国の本に登場した。

和訳してみる。

焼尽の村で
負傷の迷い犬
焦げた骨を嗅ぐ

ウラディーミル・デヴィデ

この俳句のクロアチア語、英訳が右ページの103ページに、その左の102ページには、クロアチア内戦時の、ザグレブの犠牲者の骸骨が白い布に包まれて撮影された写真が、カラーで掲載されている。いたいたしい写真。

クロアチアは平和を取り戻したが、今年になってデヴィデさんの息子さんの自殺の知らせが届いた。

そのデヴィデさんの俳句が、すでに『世界俳句2010 第6号』あて到着している。

    骨と骨の平行線を包むことば  夏石番矢







 



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国の骨の本にクロアチア俳句 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる