Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 百人一首 天智天皇の無念?

<<   作成日時 : 2009/01/03 18:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 4

百人一首のかるた取りは、このところわが家では行われないが、正月には百人一首がやはり思い出される。百首は天智天皇の次の歌を一番とする。

画像


この歌は、天智天皇の作ではなく、天智天皇にふさわしい歌とされた和歌らしい。

天皇をはじめとする皇族が、「仮庵」を詠むのは、『万葉集』でそれほどめずらしいことではないが、この歌はどこかものさびしい余韻を残す。そういう歌を定家が選んだのにも、理由があるかもしれない。

百人一首は、めでたい歌よりも、暗い情念のこもった歌が多い。これでめでたい正月のカルタ取り遊びを行うというのも、かえって怨霊鎮めになるのだろうか。

『日本書紀』を読むと、天智天皇は即位してから、いまひとつぱっとしない。この歴史書を、天智王朝を武力で倒した天武天皇の皇子、舎人親王たちが編纂したせいもあるだろう。

武士にかなり脅かされていた定家らの桓武朝は、滅んだ天智朝の復活であり、定家が天智天皇の歌を、百人一首の冒頭に据えるのは、ある意味では当然だろう。天智の娘で天武の妻、持統天皇以外の、天武朝の皇族の歌は採られていない。

天智天皇は、最晩年に行方不明になったという『水鏡』の記述もあるようで、「露にぬれつつ」が、この天皇の無念さを表わしているとも受け止められる。

定家ら、桓武朝の貴族には、天智天皇についての言い伝えが何かあったかもしれない。

    むかしむかしの露の謎問う五十路かな  夏石番矢


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
高田崇史という作家による『QED 百人一首の呪』というミステリ小説がありますが、なかなか面白かったです。百人一首の怨霊鎮魂説に焦点を当てています。
kika
2009/01/04 03:04
ご教示いただいたミステリ、早速注文しました。百人一首の成立も、それほど明確ではないようですね。
Fujimi
2009/01/04 17:52
上記の本は、作者のデビュー作ということもあり、肝心の殺人事件の方は駄目なのですが、百人一首と怨霊の関係性および百人一首の「配置」というテーマを面白く感じました。同作者による六歌仙についての次作も同様に楽しめました(これも六歌仙成立の経緯が面白く、殺人事件の方は蛇足です)。

いずれにせよ、古代では、歌には言霊が宿り、鎮魂や祈願の役割を担うものだったようですね。季題(季語)の起源も自然と相聞し、自然の力を引き出す魔法の「キーワード」としてだったのかもしれません。
kika
2009/01/06 22:05
死んだ季題を引きずり回して、何かやっているつもりの連中は、どうしようもない!!!
黒猫
2009/01/14 02:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
百人一首 天智天皇の無念? Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる