Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 寺山修司対訳歌集のペテン

<<   作成日時 : 2008/05/11 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ、インドのCyberwit.net 版『空飛ぶ法王 127俳句 Flying Pope 127 Haiku』

http://cyberwit.net/banya.htm

に対する、海外詩人からの反応がメールで来る。

予想以上に、評価が高いようだ。飛び切りの賛辞もある。フランス、ポルトガル、リトアニア、マケドニア、モロッコ、ニュージーランドなどの詩人。

ところで、国内向けの、日英対訳句集、対訳歌集、対訳詩集が出版され、その作者が、あたかも海外でも評価されているような錯覚を、日本の純朴な読者に持たせることがある。

ブログfumi’s俳句日記の記事に登場する、寺山修司の対訳歌集も、その一つだろう。

http://d.hatena.ne.jp/alzira/20080507

この本では、寺山の短歌は4行の英訳。かつてこのブログの記事で、短歌の翻訳が5行にはならない場合が多いから、混乱が起きるだろうと書いたが、これが実際起き始めた。ブログに引用されている4行訳は、決して国際的評価を得られないだろう。「お上手ね!」、その程度。いや、時代遅れの習作短詩。

それにしても、国内の寺山修司人気と対訳で、日本の読者をだまそうという、編集者のアホな魂胆が露骨な出版。これにだまされ、日本の読者は、またピンぼけの状況認識を持つようになる。

これでは、北朝鮮や中国を笑えない。

このところ、夏石番矢が国内での出版に熱心ではないのには、こういう情けない国内の出版事情がある。

芙美子さん、だまされてはいけませんよ。

    だまされてだまされて草原の岩になる  夏石番矢


参照
短歌の国際化?
http://banyahaiku.at.webry.info/200702/article_26.html
米国からの5行詩集
http://banyahaiku.at.webry.info/200705/article_45.html












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寺山修司対訳歌集のペテン Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる