Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS トルコ石の鷹 匈奴の金冠

<<   作成日時 : 2008/04/13 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

内モンゴルのR・スチンチョクトさんから送られてたのは、雑誌「世界文学」だけではなかった。「匈奴文物」(一)(二)(三)(内蒙古博物館編、1986年)という絵葉書も添えられていた。

私はその(三)だけを持っていたが、スチンチョクトさんは、揃いの絵葉書セットを見つけて、送ってくれた。

最も注目したのは、匈奴の金冠の絵葉書。(二)のトップを飾り、この絵葉書セットのカバーにも、冠頂部の写真が使われている。

画像


1972年に、内モンゴル、杭錦旗阿魯柴登の匈奴の墓から出土したもの。

雄の鷹の頭の部分は青く、トルコ石でできている。鷹の目は別の透明度の高い石でできている。その他は黄金製。

私が2007年8月に見た金冠とは違うが、匈奴の王冠と鳥は、決して例外的な取り合わせではなかったことがわかる。

戦国時代の金冠だから、紀元前5世紀から3世紀の作。

現在もモンゴル人が尊ぶ青が、金冠の最上部にトルコ石として据えられている。

このトルコ石は、はるか西、おそらく現在のイラン産だろう。

匈奴の文化の高さと、ユーラシアのつながりを再認識した。

   大草原トルコ石は天の石  夏石番矢


参照
匈奴の高い文化 鳥の王冠
http://banyahaiku.at.webry.info/200709/article_4.html




























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トルコ石の鷹 匈奴の金冠 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる