Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS エストニア初の個人句集の和訳を終える

<<   作成日時 : 2008/03/05 18:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アンドレス・エヒンの句集『黄金虫が月にキスする』の和訳を終えた。全34句。

好きな句の和訳を二句、ここに紹介しておこう。

氷の川を転がる満月
私は追い
疲れて倒れる

緯度の高いエストニアの白夜を詠んだものだろう。月はなかなか沈まないのである。


夢の樅の木々に
私は縞栗鼠
無限の森

針葉樹林帯ならではの夢。


参照
エストニア初の個人句集の和訳を始める
http://banyahaiku.at.webry.info/200803/article_9.html






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エストニア初の個人句集の和訳を終える Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる