Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 匈奴の高い文化 鳥の王冠

<<   作成日時 : 2007/09/03 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 3

8月23日夜、内モンゴル・フフホトに到着し、翌24日、内蒙古大学内蒙古学学院で俳句についてのシンポジウムに出席したのち、午後、フフホト市内の内蒙古博物院を訪れる。空は晴れて、かなり暑い。純朴なモンゴル人の若い詩人バトナサンさんが、大きな博物院を案内してくれた。

画像




画像


この博物院は、市の中心から移転し、広大な敷地に新築されたもので、展示物も多い。博物館のカタログがないので、記憶をすべて確認できないが、匈奴の文物を熱心に見た。匈奴は、モンゴル人の祖先である。

匈奴
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%88%E5%A5%B4

匈奴は、漢民族に先立って、紀元前から鉄器を使用しており、野蛮な人たちではない。彼らは文字を持っていなかったので、漢民族によって歪曲されたかたちでしか記録に残っていない。匈奴は、かなり高い文化を持っていた遊牧騎馬民族だろう。

内蒙古博物院に、金と銀で作られた匈奴王の王冠が展示されていた。美しい王冠だった。頭のてっぺんに位置するところに、翼を広げた鳥が一羽載せられていた。鷲ではなく、もう少し小さい鳥の金細工である。キリスト教の鳩を私は連想した。キリスト教では鳩は、天の聖霊を地上へ運ぶと考えられていた。夕食会などで、フフホトの大学の先生たちに、この王冠について尋ねても、あまり明確な答えは返ってこなかった。

もう一方で私は、この匈奴王の冠から、神武天皇の金の鵄(とび)を思い出した。モンゴルにも鳶はいる。神武天皇の臣下には天日鷲命(あめのひわしのみこと)がいたし、モンゴルでは現在も鷲の舞いがある。

匈奴と古代日本とのつながりは、朝鮮半島を経由して、必ずあると私は確信している。このことについて、かつて駐日ブルガリア大使を務めた人が東京にやってきたときに、話を聞いたことがある。西匈奴がブルガリアへ、東匈奴が日本へ移動したという話である。

    炎天や匈奴の王冠に鳥一羽  夏石番矢







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大草原紀行(1) フフホトで俳句シンポジウム
すでにこのブログにいくつか記事をアップしたが、これから何回かにわたって、内モンゴルとモンゴルを旅した8泊9日間を振り返って、記憶が薄れないうちに、文章を書いておきたい。 ...続きを見る
Ban'ya
2007/09/08 22:03
江上波夫『ユウラシア古代北方文化』を読む
古代モンゴル研究の名著、江上波夫『ユウラシア古代北方文化』(全国書房、昭和23年、昭和26年再版)を、大阪の古本屋から取り寄せて読んでいる。 ...続きを見る
Ban'ya
2007/09/29 21:52
「大草原へ」21句、英訳仕上げへ
8月末の内モンゴル・モンゴルへのはじめての旅で、21句俳句が生まれた。題して「大草原へ」。全21句に英訳を付け、米国の友人に英訳の磨き上げを頼んだ。いずれモンゴル語訳もできるだろうが、いささか時間がかかる。 ...続きを見る
Ban'ya
2007/09/30 17:33
神武天皇って誰?
今日は何も予定がないから、9時までゆっくり寝た。パソコンをいじったり、本を読んだり、ヒーチャンの作った曲を聴いたりしているうちに、いつの間にか夕方になってた。ん~~~、こんなもんか、休日の過ごし方なんて。娘が「建国記念の日って何の日?」と、聞いてきた。「神武天皇がね・・・神武天皇が、神武天皇が・・・、ああ即位したと言われてる日だ。」「神武天皇って誰?」「日本の第一代の天皇と言われてる人だ。」「いつ頃の人?」「う、う~・・・」(`Д´≡`Д´)??わからないけど休んじゃってるね... ...続きを見る
踊れ!鬱病サラリーマン
2008/02/11 23:25
トルコ石の鷹 匈奴の金冠
内モンゴルのR・スチンチョクトさんから送られてたのは、雑誌「世界文学」だけではなかった。「匈奴文物」(一)(二)(三)(内蒙古博物館編、1986年)という絵葉書も添えられていた。 ...続きを見る
Ban'ya
2008/04/13 20:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
匈奴について、繋がりがあると…?

宮城谷昌光 紹介します。
http://www1.ocn.ne.jp/~matsuo3/books/_miyagitani_sakuhinr.htm 
(c&pで貼り付け)下さい。

ほとんど 読んでおります。
匈奴は風の民、すばやさと勇気を持つ民。
中華の国の、覇王決戦、戦国時代。
どの時代においても匈奴は 恐れられていた
ようですね。
中華から追われ… 韓国へ… 大和へ
と、そんな物語も、入っております。
見つけてください。
宮城谷の世界を お楽しみ下さい。
霊的な 素養のある 夏石番矢さまへ
土田由紀
2007/10/18 13:33
土田さま、上のURLは、Not found となります。
Fujimi
2007/10/18 17:31
張り付けする際、切れてしまったようですね。

http://www1.ocn.ne.jp/~matsuo3/books/_miyagitani.htm

これで いかがでしょう?
宮城谷昌光 作品集 へ 飛ぶはずです。

もしくは、Googleで 宮城谷昌光 と
いれて 下さい。
土田由紀
2007/10/19 01:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
匈奴の高い文化 鳥の王冠 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる