Ban'ya

アクセスカウンタ

zoom RSS 紀元前の十字

<<   作成日時 : 2006/10/29 01:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

十字というと、キリストにすぐ結び付くが、キリスト以前の十字、もしくは×印が、この世には存在した。考えてみれば、十字架も、刑罰のための道具で、キリスト以前から存在した。

昨日、マケドニアの友人Aleksandar Prokopievから送られてきた、遺跡のパンフレットに、古い十字の写真があった。

画像


これは、マケドニアのSopsko Rudare村にある、Cocev Kamenという先史遺跡についての資料。石の上に刻まれた、青銅器時代の十字が、写真入りで紹介されている。キリスト教が、マケドニアに入るはるか前の遺物である。



Cocev Kamen
http://www.megalithic.co.uk/article.php?sid=16071&mode=thread&order=0&thold=0

http://www.exploringmacedonia.com/?ItemID=ACEF172CAAABE342A1110A796844FD1D

この遺跡全体が、山の上の巨岩。洞窟、階段、門、小劇場など、岩でできたさまざまな結構が残っている。
生け贄を捧げる儀式が、太古にここで行なわれていたらしい。

画像


私はまだ、この遺跡を訪れたことがないが、次回マケドニアを訪れるさいには、ぜひ行ってみたい場所だ。

この遺跡以外、日本も含め、不思議な雰囲気をいまでも保つ巨石が、あちこちにある。
たとえば、イギリスのストーンヘンジも、見に行ったことがある。これは、墓だとか、かつては円形の木造建築でおおわれていたとか、太陽信仰の聖地だとか、諸説紛々。
手がかりとなる文献がないだけに、想像は膨らむ一方だ。
フランスのブルターニュの花崗岩の巨石列も、強い印象を私に与えた。

日本の縄文時代の遺物にも、十字型の土器がある。
古代では、十字は、太陽、天、風などを象徴していたらしい。

丸、三角、十字、四角などは、人類がかなり古くから親しんできた図形であり、絵であり、文字の雛型であったろう。紀元前の十字は、人類文化の来歴を、ちっぽけな国ごとの「伝統」の枠を超えて、考えさせてくれる。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「地球語」と鳥俳句
米国在住のマクファーランド・佳子さんから、突然11月23日にメールが届いた。 現在、メールが、新しい物事のはじまりとなるツールだということを、痛感する。 ...続きを見る
Ban'ya
2006/12/04 00:05
マケドニアの女性詩人からの銀貨
マケドニアの若い女性詩人、ヤスミナ・イリエフスカ Jasmina Ilievskaさんから、贈り物が航空便で届いた。 ...続きを見る
Ban'ya
2006/12/12 17:11
自句自解(4) 南へのかなしみ
遅くなりましたが、風花さんのご要望にお応えして、次の句の自句自解を試みてみます。 ...続きを見る
Ban'ya
2007/03/16 16:06
「マケドニア」という国名への署名
マケドニアの詩人、Katica (Kata) Kulavkova さんから、メールが届き、マケドニアという国名を守るための電子署名を求めてきたので、署名した。 ...続きを見る
Ban'ya
2008/03/15 07:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紀元前の十字 Ban'ya/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる